ニュース 試合速報・結果
UEFAスーパーカップ

UEFAスーパーカップ2022はいつ?対戦カード・試合日程・キックオフ時間・テレビ放送予定

13:52 JST 2022/08/10
UEFA Super Cup trophy
【UEFAスーパーカップ2022】チャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)王者が対戦するUEFAスーパーカップ。レアル・マドリーvsフランクフルトの試合日程、テレビ放送予定を紹介。

2021-22シーズンの全日程が終了したヨーロッパフットボール界。UEFAチャンピオンズリーグとUEFAヨーロッパリーグの覇者が決定し、両チームは2022-23シーズンの開幕を前にUEFAスーパーカップで対戦する。

今回は、2022年のUEFAスーパーカップに関する情報を紹介する。

  • 20220723 Real Madrid Frankfurt

    UEFAスーパーカップ2022の日程・キックオフ時間は?

    2022年UEFAスーパーカップは、日本時間8月11日(木)午前4時00分にキックオフを迎える。

    同大会の開催は、今回で47回目となる。

    ▶UEFAスーパーカップを独占配信!WOWOW無料体験加入はこのリンクから

  • 20220723 Karim Benzema Daichi Kamada Makoto Hasebe

    UEFAスーパーカップの対戦カードは?

    対戦カード:レアル・マドリー(チャンピオンズリーグ覇者)vs フランクフルト(ヨーロッパリーグ覇者)

    昨季のチャンピオンズリーグで劇的な逆転勝利を繰り返してきたレアル・マドリーは、決勝で4年前にも勝利した相手リヴァプールをヴィニシウスの得点で撃破。4年ぶり通算14度目の欧州王者に輝いた。

    レアル・マドリーにとって、UEFAスーパーカップに出場するのは今回が8度目。過去7度の戦績は4勝3敗で、直近2018年大会ではアトレティコ・マドリーに敗れている。

    対するフランクフルトは、決勝戦でPK戦の末にレンジャーズに勝利し、1980年以来となる欧州カップ戦制覇を飾った。しかし、当時はカップ・ウィナーズ・カップ覇者がUEFAスーパーカップの出場権を保持していたため、フランクフルトにとっては今回が初の舞台となる。

    なお、フランクフルトには長谷部誠と鎌田大地の日本人2選手が所属。仮に出場すれば当時フェイエノールトに所属していた小野伸二がピッチに立った2002年大会以来の快挙となる。

    ▶レアル・マドリーvsフランクフルトが見られるのはWOWOWだけ!無料体験加入はこのリンクから

  • wowow ondemand logo

    UEFAスーパーカップのテレビ放送予定は?

    2022年のUEFAスーパーカップは、昨シーズンに続いてWOWOWが独占中継・ライブ配信する。

    このため、地上波や民放での放送は「なし」となる。

    ▶UEFAスーパーカップ独占配信!WOWOW無料体験加入はこちら

    テレビ放送はBSの「WOWOWライブ」、ネット配信は「WOWOWオンデマンド」にてそれぞれライブ中継・配信を行う。

    「WOWOWオンデマンド」では初月に限り無料トライアルを実施しており、UEFAスーパーカップも0円で視聴が可能だ。

  • 20220723 Helsinki Olympic Stadium

    UEFAスーパーカップの会場は?

    2022年UEFAスーパーカップの開催地は、フィンランドの首都ヘルシンキにあるヘルシンキ・オリンピック・スタジアム。

    女子EURO2009の決勝戦が行われた同スタジアムがUEFAクラブコンペティションのファイナルのホストを務めるのは今回が初となる。

    ヘルシンキ・オリンピック・スタジアムは、その名の通り1952年オリンピックの会場にもなり、2016年から2020年まで大規模な改修工事が施工された。また、フィンランド代表チームの本拠地でもある同スタジアムは、ワシミミズクが象徴的な存在でもある。

  • 20220723 Chelsea UEFA Super Cup

    2021年の結果は?

    対戦カード:チェルシー(チャンピオンズリーグ覇者)1-1(PK:6-5) ビジャレアル(ヨーロッパリーグ覇者)
    得点者:ハキム・ツィエク(27')、ジェラール・モレノ(73’)

    昨季のUEFAスーパーカップは、クラブ史上2度目のチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げたチェルシーとクラブ史上初の欧州カップ戦制覇を飾ったビジャレアルが対戦した。

    チェルシーが主導権を握る中、ビジャレアルが後半に追いついて試合は2020年大会に続き、延長戦に突入。それでも、試合は決まらず、勝負の行方はPK戦に委ねられた。PK戦でもサドンデスにもつれ込む中、PKのために途中投入されたGKケパがラウール・アルビオルのシュートをセーブしてチェルシーが23年ぶり2度目の優勝を飾った。