ニュース 試合速報・結果
マンチェスター・ユナイテッド

マンチェスター・U 8-2 アーセナル:ルーニーやナニ、ヴェンゲルを黙らせたメンバーはどこに?

15:32 JST 2022/08/05
Rooney Nani De Gea Manchester United 8-2 Arsenal GFX
2011年8月28日、イングランドサッカー界の偉大なライバルである2チームが対戦したとき、誰もこのスコアは予想できなかっただろう。

シーズン開始からわずか3試合目で、マンチェスター・ユナイテッドが8-2とアーセナルを下したことは衝撃的だった。

ウェイン・ルーニーがハットトリックを達成し、アシュリー・ヤングが右上隅にシュートを決め、アーセナルは粉砕された。サー・アレックス・ファーガソンがアーセン・ヴェンゲルを屈服させた日のことは、プレミアリーグ史上最も注目すべき試合の一つとして、誰も忘れることはないだろう。

ファーガソン監督は、2008年のチャンピオンズリーグ優勝チームという最後の偉大なチームを解体し始め、チームは進化を続けていたのだ。

クリスティアーノ・ロナウドもカルロス・テベスもいない。ポール・スコールズは引退し、ライアン・ギグスも年を取り、この日の先発メンバーにはリオ・ファーディナンド、ネマニャ・ヴィディッチ、マイケル・キャリックがいなかった。にもかかわらず、オールド・トラッフォードでの90分間、ユナイテッドを止めることはできなかった。

  • David De Gea Manchester United

    GK:ダビド・デ・ヘア

    当時、英国のサッカーファンには比較的知られていない若いGKが、ユナイテッドと契約し、エドウィン・ファン・デル・サールの穴を埋めるという困難な挑戦に乗り出したばかりであった。

    最初のシーズンは、アンデルス・リンデゴーアにポジションを奪われ、大苦戦を強いられることになった。しかし、その後、同世代で最も優れたキーパーとしての地位を確立し、現在もユナイテッドの正GKであることに疑いの余地はない。

  • Chris Smalling Manchester United 2012/13

    RB:クリス・スモーリング

    この日、右サイドバックとして起用されたスモーリングは、前年にフラムから1000万ポンドで加入し、まだユナイテッドでの地位を確立していない時期だった。

    オールド・トラッフォードでは、その潜在能力を発揮することができず、ファーガソン監督の退任後、何度も監督が交代したこともあって、その可能性は低くなってしまった。

    ルイ・ファン・ハールからは「マイク」と呼び間違えられ、ローマでは元ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督の下、名声とキャリアを取り戻した。

  • Phil Jones | Manchester United

    CB:フィル・ジョーンズ

    ファーガソンはブラックバーン・ローバーズから、CB、SB、中盤をこなせるフィル・ジョーンズという将来のスターを獲得したと確信していた。

    ファーガソンがファーディナンドとヴィディッチ以外の選手に目を向け始めたとき、ユナイテッドの計画は、彼がディフェンスの中心で地位を確立することであった。

    ファーガソンが最後のシーズンの終わりには、ジョーンズはクラブ史上最高の選手になる可能性を秘めていると宣言していた。負傷とファーガソンの指導不足が彼のキャリアを狂わせたが、彼は今日までクラブに在籍している。

  • Jonny Evans Manchester United

    CB:ジョニー・エヴァンス

    ジョーンズやスモーリングと並んで、ファーガソンのディフェンス改革計画のもう一つの柱であったエヴァンスは、将来を担う選手と目されていた。

    ジェラール・ピケがプレミアリーグへの適応を疑問視され、バルセロナへの復帰を許された一方で、エヴァンスはトップチームへの道を強引に切り開く有力候補と目されていた。

    実際、ファーガソン監督の最後のシーズンには、ヴィディッチとファーディナンドのコンビを崩し始めていた。

    2015年にファン・ハールによって売却されたが、この決断はいまだにファンから疑問視されている。

  • Patrice Evra

    LB:パトリス・エブラ

    この日はファン・デル・サールの引退、ウェズ・ブラウンの売却、ファーディナンドのベンチスタート、ヴィディッチの欠場もあり、最後のチャンピオンズリーグ優勝を果たした守備陣の唯一のメンバーとしてプレーした。

    ユナイテッド時代に5つのタイトルとチャンピオンズリーグを獲得したエブラは、2014年にユヴェントスに売却され、セリエAで2冠を達成した。

    以来、退団の後悔を率直に語っている。

  • On this Day Ashley Young Manchester United

    LW:アシュリー・ヤング

    この夏、アストン・ヴィラから移籍してきたウインガーは、このパフォーマンスでたちまち人気者になった。

    2本の見事なシュートはオールド・トラッフォードを大いに沸かし、今後の活躍を予感させるものだった。

    その後、右サイドバックと左サイドバックに配置転換され、両ポジションで素晴らしい働きをした。

    2020年にインテルに移籍するまでは、クラブのキャプテンに任命されていた。

  • Anderson Manchester United

    CM:アンデルソン

    ダニー・ウェルベックの先制点を演出したロブパスは、そのビジョンとテクニックの一例であり、あまりに稀有な存在だった。

    ユナイテッド・ファンにとって大きなフラストレーションは、アンデルソンが一貫してそのクオリティを発揮することができなかったことだ。

    ファーガソンは、いずれ彼がスコールズに代わってユナイテッドのチーフ・プレーメーカーになると考えていたが、それは実現しなかった。

    2015年に売却されたアンデルソンは、ユナイテッドが活かせなかった才能のひとつである。

  • Tom Cleverley

    CM:トム・クレバリー

    ファーガソン監督は前シーズン限りで引退したスコールズ不在のチームに、ゴール、創造性、エネルギーを提供することができる選手として、自前の新しい才能に大きな期待を寄せていたのである。

    クレバリーは、特にこのシーズンの早い段階で好調を見せたが、勢いを維持することはできなかった。

    2015年にエヴァートンに加入したが、そこでも結果を残せなかった。

  • Nani, Christian Eriksen, Manchester United - Ajax, Europa League, 02232012

    RW:ナニ

    このスタメンを見れば、ファーガソン監督の最後の進化が、ユナイテッドにどのような影響を与えたかがわかる。

    ナニは2008年のチャンピオンズリーグ優勝に貢献し、その後もプレーした数少ない選手の一人であった。

    このポルトガル人選手は、信じられないような瞬間を作り出すことができる勝負師であった。しかし、彼はクリスティアーノ・ロナウドではなかった。そのため、失敗とさえみなされてしまっていた。

    それでも、ユナイテッドで4つのタイトルを獲得し、ヨーロッパを制覇した素晴らしい選手である。

  • Wayne Rooney Manchester United Premier League 140914

    CF:ウェイン・ルーニー

    この日ハットトリックを達成し、このシーズン合計34ゴールを挙げ、ユナイテッドの攻撃の起点となった。

    しかし、タイトルを獲得するには十分ではなく、シティは事実上シーズン最後のシュートで辛くも彼らを追い抜いた。

    翌年の夏、ロビン・ファン・ペルシーが獲得され、ファーガソンにとって最後のタイトル獲得のタリスマンとなった。

  • Wayne Rooney - Danny Welbeck

    CF:ダニー・ウェルベック

    ユナイテッドが大きな期待を寄せていた、もう一人の地元出身の才能である。

    この日は得点の起点となったが、その後ハムストリングを痛めて足を引きずるように退場を余儀なくされた。

    ファン・ハールは2014年に彼をアーセナルに売却し、イングランド代表選手となったものの、ウェルベックはそのポテンシャルを発揮することはなかった。

    現在はブライトンに所属している。

  • Javier Hernandez

    サブ:ハビエル・エルナンデス

    ユナイテッドでは、決定的なゴールで、すぐにカルト的な存在となった。このメキシコ人は、オーレ・グンナー・スールシャールに続いて、クラブのジョーカーとして活躍した。

    しかし、ファーガソン監督の強力な攻撃の一翼を担うことはなく、ファン・ペルシーの加入に伴い、さらに序列が下がってしまった。

    2014年、レアル・マドリーにレンタル移籍し、レヴァークーゼンに完全移籍した。

  • park ji sung - manchester united bayern - 14062015

    サブ:パク・チソン

    ファーガソン最後の偉大なチームの一員として、特定の仕事を任され、豊富なエンジンに恵まれた、過小評価されている選手。

    しかし、この時点で彼の影響力は弱まり、このシーズンがクラブでの最後のシーズンとなった。

  • Ryan Giggs

    サブ:ライアン・ギグス

    37歳になったギグスは、起用される機会が減っていたものの、中盤の司令塔として影響力を発揮していた。

    シーズン最終日に13回目の優勝を逃し、悔しい思いをしたが、その1年後に栄冠を手にした。

    ファーガソン監督の引退後もプレーし、デイヴィッド・モイーズ監督の解任に伴い、暫定監督も経験した。その後、ファン・ハールのアシスタントを務めている。

    ▶【SPOTV NOW】プレミアリーグ全試合ライブ配信!今すぐ視聴登録