ニュース 試合速報・結果
パリ・サンジェルマン

パリ・サンジェルマン(PSG)注目選手 | チャンピオンズリーグ | キーマン・期待の新戦力・ヤングスター

18:00 JST 2022/09/04
Goal-WOWOW_1_Pickup_16x9_03_PSG
【欧州・海外サッカー特集】いよいよ開幕する2022-23シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)。『GOAL』ではビッグクラブの注目選手たちを紹介していく。

2022-23シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)が日本時間9月7日に開幕する。悲願の欧州初制覇を狙うリーグ・アン王者のパリ・サンジェルマン(フランス)は、グループステージでユヴェントス(イタリア)、ベンフィカ(ポルトガル)、マッカビ・ハイファ(イスラエル)と同居。今回は『GOAL Japan』が選出したPSGのキーマン、期待の新戦力、ヤングスター(23歳以下)の注目5選手を紹介する。

▶【CL】放送でも配信でも視聴できる!WOWOW加入はこちら

  • messi

    キーマン①:リオネル・メッシ

    言わずと知れた史上最高の選手の1人。幼少期から長年所属したバルセロナで数々の偉大な記録を打ち立て、同クラブ最多35もの主要タイトルを手にしたが、契約延長できずにPSGへと昨年夏にフリーで加入した。デビューシーズンは公式戦11得点にとどまったことで批判する声も上がったが、今季は開幕から絶好調。日本でのツアーでも仕上がりの良さを感じさせていたが、最初の公式戦6試合で4ゴール4アシストと結果を残している。またそれだけでなく、クリストフ・ガルティエ新監督の下でより自由を手にし、ピッチの様々な場所に顔を出しながら異次元のプレーを連発。バルセロナ時代と変わらぬ輝きを放っている。またCLの舞台では、これまで史上最多37クラブ相手にゴールを奪っているが、グループリーグのベンフィカ戦とマッカビ・ハイファ戦でさらにその記録を更新する可能性も残っている。35歳の伝説が、また新たな金字塔を打ち立てるかどうかにも注目だ。

  • Neymar PSG 2022-23

    キーマン②:ネイマール

    サッカー史上最高額でのPSG移籍から5年。度重なる離脱やピッチ外の行動で、何度もメディアやOB、ファンから批判されてきたネイマール(事実、PSG加入からこれまでリーグ戦25試合以上に出場したシーズンはない)。今夏にも「PSGが放出を決断した」や「キリアン・エンバペと関係が悪化」など様々な問題が騒がれている。だが、今季のネイマールは何かが違う。ピッチ上では基本的なすべての技術がさらにもう1段階進化し、ゴール関与率は欧州主要リーグ最多に(リーグ戦最初の4試合で6ゴール6アシスト)。さらに体を張った守備やプレスバックなど、これまで“免除”されてきたような部分も献身的に行っている。よりチームのために身を粉にして働く姿勢を示しており、練習での姿勢はチームメイトから称賛を集めているとも伝えられている。研ぎ澄まされた表情で新たな姿を見せるブラジルが生んだスーパースター。ワールドカップイヤーの彼の活躍には目が離せない。

  • Kylian Mbappe PSG 2022-23

    キーマン③:キリアン・エンバペ

    レアル・マドリー移籍間近に迫っていた中、PSGや大国フランスの国を挙げての努力によって契約を更新したエンバペ(エマニュエル・マクロン大統領が直々に説得したことを明かしている)。4シーズン連続でリーグ・アン得点王に輝き、すでにクラブ歴代2位の得点数を誇る23歳だが、契約延長に向けた周囲の努力を証明するようなパフォーマンスを今季も披露。出場4試合で6ゴールを記録しているが、それだけでなく、ピッチ上で放つ強烈な野心はチームメイトだけでなく相手にも大きな影響を与えているだろう。PKを巡るネイマールとの衝突も解消され、メッシを含めた“MNM”の練度は昨季に比べて飛躍的に向上中。爆発的なスピードに圧倒的な決定力、そして予想外のアイデアで相手を窮地に追い込むアタッカーは、PSG悲願のビッグイヤー獲得には絶対に欠かせない存在である。

  • Kawasaki Frontale PSG Vitinha

    期待の新戦力:ヴィティーニャ

    育成大国ポルトガルが生んだ新たな逸材。19歳でトップチームデビューを飾り、ウォルヴァーハンプトンへのレンタルを経て、昨季本格的にブレイクしてポルトガル代表デビューも飾ると、今夏4000万ユーロでPSGへとステップアップを果たした。小柄ながら細かいタッチと広い視野、ゲームを読む力を併せ持っており、また狭いエリアでプレスに来る相手をいなす能力は抜群。マルコ・ヴェッラッティとともに中盤を支配し、ディフェンスラインから世界最高のアタッカー陣へ良質なボールを提供し続けている。だが、相手を圧倒する試合の多いリーグ・アンでは長所が光るかもしれないが、ヴェッラッティと2人が並ぶ中盤の底に強度が不足していることは否めず、CLのビッグマッチでガルティエ監督がどのような采配を振るうかにも注目だ。

  • nuno mendes

    ヤングスター:ヌーノ・メンデス

    完成された世界トップレベルの選手が活躍するPSGにおいて、昨季10代にして欠かせない存在となったメンデス。名門スポルディングCPの育成出身である左サイドバックは、その献身的かつアグレッシブな姿勢と精度の高い攻撃参加、対人能力の高さを示してレギュラーの座を獲得。今夏には4000万ユーロで完全移籍を果たしている。6月に20歳になったばかりだが、今季はガルティエ監督の下で一列ポジションを上げ、より攻撃的な役割を担うことに。最初の5試合で1ゴール2アシストを記録するなど、ウイングバックのポジションを謳歌している。すでにハイレベルでのプレーを継続しているが、フィジカル、テクニック、メンタルとすべての部分でさらなる成長の余地を感じさせるポテンシャルも秘めており、今後の飛躍も大いに期待できるだろう。

    ▶チャンピオンズリーグ2022-23はWOWOWが独占配信!今すぐ視聴