ニュース ライブスコア
ブンデスリーガ

レヴァークーゼン&ドイツに痛手…18歳・逸材ヴィルツが左ひざ前十字じん帯断裂で長期離脱へ

21:57 JST 2022/03/14
Florian Wirtz Bayer Leverkusen ACL injury 2021-22
【欧州・海外サッカーニュース】レヴァークーゼンのドイツ代表MFフロリアン・ヴィルツは長期離脱へ。

レヴァークーゼンは13日、ドイツ代表MFフロリアン・ヴィルツが左ひざの前十字じん帯を断裂したことを発表した。

18歳のヴィルツは今シーズン、公式戦31試合で10ゴール14アシストを記録していたレヴァークーゼンの中心的な存在。13日に行われたブンデスリーガ第26節ケルン戦の24分、相手DFとの競り合いの場面で左ひざに負荷が加わった状態で倒れ込み、プレー続行不可能に。

そして、病院に運ばれたヴィルツは直ちにMRI検査を受け、左ひざの前十字じん帯の断裂が確認されたとのこと。クラブは公式ウェブサイトを通じて「数か月欠くことになる」と復帰時期に関する具体的な見通しは控えていたが、ドイツ誌『キッカー』では「これで彼のシーズンが終了し、ワールドカップ出場を逃すことも覚悟しなくてはならないだろう」とまで伝えられている。

なお、ヴィルツのほか右サイドバックのジェレミー・フリンポンやセンターバックのオディロン・コスヌも負傷交代となったレヴァークーゼンは0-1でケルンに敗戦。勝ち点45で3位につけるチームだが、RBライプツィヒ(4位)、フライブルク(5位)、ホッフェンハイム(6位)が1ポイント差に迫る展開となっている。

<7日間無料トライアル実施中!>今週3/19(土) 原口元気&遠藤渓太が絶対王者・バイエルンに挑む!「バイエルン×ウニオン・ベルリン」『ブンデスリーガLIVEアプリ』

z_bundes_1920_1080