ニュース ライブスコア
UEFAチャンピオンズリーグ

「僕らのほうがいいチームだった」アヤックス主将タディッチがCL敗退に悔恨の念

12:07 JST 2022/03/16
ucl-ajax
【欧州・海外サッカー ニュース】アヤックスのドゥシャン・タディッチがチャンピオンズリーグ敗退を悔やむ。

アヤックスの主将であるFWドゥシャン・タディッチがチャンピオンズリーグ(CL)敗退を悔やんだ。UEFA公式サイトが伝えた。

アヤックスは15日、CL決勝トーナメント1回戦セカンドレグでベンフィカと対戦。ファーストレグをドローで終え、迎えたセカンドレグでは0-1と敗戦。タディッチは「僕らのほうがいいチームだった」と悔やむ。

「ベンフィカはフリーキックを1回決めただけで、何もしなかった。支配したかったし、そうしていたが、ある瞬間から…信じられなくなった。ヨーロッパでは、セットプレーやカウンターがよくあること。僕らはセットプレーのせいで試合に負けた。こんなはずじゃなかった。もちろん負けたから腹は立つけど、みんなで強くならなきゃね」

また、エリック・テン・ハーグ監督は「我々のポジショナルプレーは素晴らしかった。ボールの扱いは非常に良かった。創造性だけが欠けていたのかもしれない。だから、たった一度の集中力の欠如で敗退してしまうのは苦いことだ」と認めた。

さらに、交代枠を終盤まで使わなかったことに「アントニーのような魔法の瞬間をまだ期待していた。我々は試合を支配していたので、状況を変える理由はなかった」と話した。