ニュース 試合速報・結果
ジュピラーリーグ

日本人4選手先発のシント=トロイデン、前半の退場響き3失点完敗…岡崎慎司は決定機活かせず

7:02 JST 2023/01/23
shinji-okazaki
【欧州・海外サッカー ニュース】シント=トロイデンがヘントに完敗。

ジュピラーリーグ第22節が22日に行われ、8位シント=トロイデンと5位ヘントが対戦した。

シント=トロイデンはシュミット・ダニエル、橋岡大樹、岡崎慎司、林大地が先発した。試合は16分にアクシデント。アブバカリ・コイタが足の裏を見せてしまい、一発退場に。ビハインドの中、クロスから岡崎にチャンスが訪れるが、シュートには持ち込めない。すると34分にミドルシュートから失点し、37分に林は途中交代となった。

前半終了間際にもコーナーキックからニアで合わされ、シント=トロイデンは2点ビハインドで前半を終える。

さらに55分、低い位置でボールを失ったシント=トロイデは3点目を失い、ホームで0-3に。結局、試合はそのまま終了し、シント=トロイデンは5試合ぶりの黒星となった。