ニュース ライブスコア
アントニオ コンテ

トッテナムに栄光を…コンテが燃える「私にとって最高に大きな挑戦」

20:00 JST 2021/12/02
Antonio-Conte
【欧州・海外サッカーニュース】トッテナム(プレミアリーグ)の指揮官を務めるアントニオ・コンテは、『スカイスポーツ』の取材でトッテナムの監督を務めることが自身にとって最大の挑戦であることを認めた。

トッテナムのアントニオ・コンテ監督は、『スカイスポーツ』の取材でトッテナム指揮官を務めることが自身にとって最大の挑戦であると明言した。

就任から4週間が経ったコンテ監督率いるトッテナムは、11月26日のヨーロッパ・カンファレンス・リーグでスロベニアのNSムラに敗戦。コンテは「今のトッテナムのレベルは決して高くない」と試合を振り返っていた。

そんなイタリア人指揮官は、過去に指揮したチェルシー、ユベントス、インテルで成し遂げたような成功をトッテナムで収めることは、キャリアで最も困難な課題だと考えているようだ。「最大の挑戦……そうだね。でも、ムラで言ったように怖くはないよ」と、3日に行われるプレミアリーグのブレントフォード戦を前に語った。

「私は熱意を持っている。ここに来て、この状況を楽しんでいるよ。選手と一緒に仕事をするのも楽しいし、クラブと話すのも楽しいし、良い基盤を作るのも楽しい。今、最も重要なことは良いベースを作り、その後重要なものを構築することだ」

「まだまだ時間はかかりそうだが、きっとたくさんのことを改善してファンの皆さんに満足してもらえるようになると信じている。ただ、これは私にとっても大きな挑戦。クラブにとっても、選手たちにとっても、すべての人にとって大きな挑戦になるだろう」

コンテがチェルシーでプレミアリーグを制覇した2016-17シーズン、当時マウリシオ・ポチェッティーノが率いていたトッテナムは2位につけており、優勝を争う最大のライバルだった。トッテナムは今、早くにチームを一新しなかった代償を払っているとコンテは主張。「ここ数年、クラブは低迷している」と話し、以下のように続けた。

「私がチェルシーにいた頃のトッテナムは非常に競争力があり、本当に本当に強いチームだった。そして今、重要な選手がいなくなったり誰かが年を取ったりして世代交代が行われたことで、トッテナムはそのツケを払っているのだと思う」

「我々は創造し、再出発しなければならない。しっかりとしたベースを作ってから、構築していかなければならないと考えている。それがなければ重要なものを作ることはできないからだ。私はトッテナムのために全力を尽くし、このクラブのために24時間働くためにここにいる。これは私にとっておそらく、最高に大きな挑戦になるだろう」

トッテナムは、3日に行われるロンドン・ダービーでブレントフォードに勝利すれば6位まで浮上する。