ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

アーセナルがCBコンビ弾で4位死守!冨安は復帰後初先発も、負傷の疑いで78分に交代…

2:23 JST 2022/05/02
Arsenal
【欧州・海外サッカーニュース】2日、プレミアリーグは第35節が開催。

プレミアリーグは2日、第35節が行われ、ウェスト・ハムとアーセナルが対戦した。

勝ち点60で4位のアーセナルは、1日に34節を戦った5位トッテナムが勝利したことで暫定5位に。チャンピオンズリーグ圏内を死守するためにも勝利が欲しい一戦で、負傷から回復した冨安健洋が1月20日に行われたカラバオカップ準決勝・リヴァプール戦以来となるスタメンに名を連ねた。

試合は37分、ウーデゴールからのパスを受けたエンケティアが、ドリブルでピッチ中央を切り裂きそのままシュートを放つも、ファビアンスキにセーブされる。

そのシュートで得たCKから、アーセナルが均衡を破る。38分、サカから放たれたボールをホールディングが打点の高いヘディングでネットを揺らす。ホールディングのリーグ初ゴールでアウェイチームが先制に成功する。

このまま前半終了かと思われた45分、ライスからのロングフィードを受けたコウファルが右サイドでエリア内に折り返す。反応したボーウェンが巧みなトラップから左足を振り抜き、ウェスト・ハムが試合を振り出しに戻して前半を折り返す。

後半に入った54分、CKのこぼれ球を拾ったマルティネッリがエリア内左からクロスを上げる。このボールに反応したガブリエウがダイビングヘッドでゴールへねじ込み、アーセナルが再びリードを奪う。

勢いが止まらないアーセナルは71分、カウンターからエルネニーが鋭いスルーパス。抜け出したエンケティアが駆け引きからシュートを放つも、枠を捉え切れず。

78分、アーセナルにアクシデント。冨安が左足のふくらはぎを気にするジェスチャーを見せてピッチに座り込む。アルテタ監督は即座に交代を判断し、セドリックが投入される。

一時不穏な空気に包まれるも、終盤までウェスト・ハム猛攻を守り切ったアーセナルが2-1で勝利。この結果、4位をキープすることに成功し、エヴァートンに敗戦した3位チェルシーとの勝ち点差を「3」に縮めた。