ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

今季無得点だったエンケティア、チェルシー戦2ゴールでヒーローに!「僕ではなくアーセナルのために良かった」

6:28 JST 2022/04/21
 Eddie Nketiah arsenal
【欧州・海外サッカー ニュース】チェルシーとの大一番を制したアーセナル(プレミアリーグ)。これで勝ち点を57に伸ばし、4位トッテナムと並んでいる。

アーセナルFWエディ・エンケティアが、チェルシー戦の勝利を振り返った。

プレミアリーグ第25節延期分で、チェルシーと敵地で対戦したアーセナル。トップ4フィニッシュへ負けられない大一番となったが、前半2度のリードを奪うもその度に追いつかれる展開となる。それでも57分、エンケティアのこの日2ゴール目で勝ち越しに成功すると、後半アディショナルタイムにはブカヨ・サカがPKからダメ押しの4点目。4-2で大きな勝利を手にしている。

今季はここまでチャンスを手にしながらも決めきれず、プレミアリーグでは無得点だったエンケティア。それでも大一番で先発に抜擢されると、2ゴールで期待に応えてみせた。試合後『スカイスポーツ』で、下部組織時代に所属したチェルシー相手のゴールに喜んでいる。

「少し特別なものとなったね。U-14までチェルシーにいて、放出された。ここで自分を証明しようとする時、いつも肩に乗っていたものだ」

「今日の2ゴールは良かった。でも、それは僕じゃなくて、チームにとってだ。再び立ち上がって3ポイントを獲得するためにね」

これでアーセナルは連敗を3でストップし、勝ち点を57に伸ばした。4位トッテナムと勝ち点で並んでいる。