ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

マンチェスター・C、ニューカッスルに4発完勝!リーグ8連勝で首位をキープ

0:49 JST 2021/12/20
manc211220
【欧州・海外サッカー ニュース】プレミアリーグ第18節、マンチェスター・シティは敵地でニューカッスルと対戦した。

現地時間19日、イングランド・プレミアリーグは第18節が行われ、マンチェスター・シティは敵地セント・ジェームズ・パークでニューカッスルと対戦した。

前節、リーズ相手に7-0と圧勝した首位シティ。リーグでの連勝を「7」に伸ばしたが、2位リヴァプールも1ポイント差でピタリと後ろにつけており、熾烈な首位争いが続いている。

取りこぼしが許されない状況の中、開始早々に試合が動く。立ち上がり5分、セットプレー崩れからつなぎ、デ・ブライネの浮き球パスをエリア内右に走り込んだカンセロがダイレクトで折り返すと、落下ポジションにはクラークがいたが、クラークはGKドゥブラフカがキャッチすると思いスルーしてしまう。このプレゼントボールをゴール前フリーのルベン・ディアスが頭で難なく押し込み、シティが幸先よく先制する。

イージーミスから先制を許したニューカッスルは、その後もシティの猛攻に晒されるが、失点を引きずることなく集中した守備でしのいでいく。逆に12分にはカウンターからジョエリントンが際どいシュートを放つが、わずかにゴール左へと外れる。

互いに球際で激しくぶつかり合い、ファールの数も増えつつある中、次の1点が決まったのは27分。デ・ブライネ、マフレズと右サイドでつないで、中盤でボールを受けたカンセロが鋭い切り返しでDFを1人かわすと、ペナルティーエリア手前から右足を一閃。強烈なシュートがゴール左へと決まり、シティが大きな追加点を挙げる。

反撃に出たいニューカッスルはジョエリントンが推進力を発揮してシティゴールへと迫るが、攻撃の厚みを欠きシュートまで持ち込むことができない。

2点を追いかけるニューカッスルは後半、ウィロックを下げてサン=マクシマンを投入。しかし流れは変わらず、52分、カンセロの右クロスをファーサイドのベルナルド・シウヴァが頭で折り返し、最後はガブリエウ・ジェズスが頭で押し込む。しかし、この決定機はGKドゥブラフカが素晴らしい反応でゴール上へとはじき出した。

57分にはスターリングが左サイドからカットインしてシュートを放つも、再びGKドゥブラフカが好セーブを披露。63分にはジンチェンコの左クロスをゴール前でフリーとなっていたマフレズがゴール右へと流し込むが、オフサイドフラッグが上がる。しかし、VARの結果、オンサイドでゴールが認められた。

3-0とリードしたシティは70分、ロドリとR・ディアスを下げてフェルナンジーニョとストーンズを投入。77分にはマフレズを下げてパルマーを投入。終盤はニューカッスルもサン=マクシマンのスピードを生かした速攻でチャンスを作るが、GKエデルソンの牙城を崩すまでには至らず。

逆に86分、サイドチェンジをペナルティーエリア左で受けたジェズスが縦に仕掛けてエリア内左から折り返すと、スターリングが押し込んで4点目。守備でも3試合連続のクリーンシートでニューカッスルの反撃をシャットアウトし、リーグ戦8連勝を飾った。

■試合結果

ニューカッスル 0-4 マンチェスター・C

■得点者

ニューカッスル:なし

マンチェスター・C:R・ディアス(5分)、カンセロ(27分)、マフレズ(64分)、スターリング(86分)