ニュース ライブスコア
ブンデスリーガ

ドイツ代表ギンター、古巣フライブルク復帰が濃厚に…8年ぶりにシュトライヒ監督との再会へ

15:00 JST 2022/05/04
Matthias Ginter
【欧州・海外サッカーニュース&移籍情報】ボルシア・メンヒェングラットバッハのドイツ代表DFマティアス・ギンターは古巣フライブルクへの復帰に迫っているようだ。

ボルシア・メンヒェングラットバッハ(ボルシアMG)に所属するドイツ代表DFマティアス・ギンターは今夏、フリーで古巣フライブルクへ復帰する可能性が高いようだ。ドイツ『ビルト』や『シュポルト1』など複数メディアが報じている。

今季限りでボルシアMGと契約が満了するギンターだが、延長交渉は破談に。以前にはインテルやバイエルン・ミュンヘン、最近ではアストン・ヴィラからの興味が伝えられていた。だが、現在28歳の同選手はフライブルク入りを前向きに検討しているようだ。

ギンターにとってフライブルクは、2005年~2012年まで下部組織に所属し、2012年から2年間トップチームで過ごした故郷クラブ。交渉がまとまれば、8年ぶりにユース時代でも指導を受けた現フライブルク指揮官のクリスティアン・シュトライヒ監督の下でプレーすることになる。

なお現在4位とチャンピオンズリーグ出場権獲得のチャンスに加え、初のDFBポカール決勝進出も決めたフライブルクだが、来季の欧州コンペティション出場はすでに確定。フリーとはいえ、クラブ史上初となるドイツ代表クラス選手の獲得となれば、新たな時代の幕開けとも言えるかもしれない。

7日間無料トライアル実施中!>今週5/8(日) 遠藤航&伊藤洋輝がバイエルンに挑む!「バイエルン×シュトゥットガルト」『ブンデスリーガLIVEアプリ』

z_bundes_1920_1080