ニュース 試合速報・結果
マンチェスター・シティ vs ウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズ

圧巻ハットのハーランド、早くも過去4季の得点王を上回る25ゴール!マン・C快勝で首位との差を暫定「2」に

0:57 JST 2023/01/23
haaland goal manchester city
【欧州・海外サッカー ニュース】プレミアリーグは22日に第21節が行われ、マンチェスター・シティとウォルヴァーハンプトンが対戦した。

プレミアリーグは22日に第21節が行われ、マンチェスター・シティとウォルヴァーハンプトンが対戦した。

マンチェスター・ユナイテッドとのダービーでは1-2と逆転負けを喫したものの、トッテナムには4-2と逆転勝利を飾ったマンチェスター・C。1試合消化が多い中で首位アーセナルとは5ポイント差、暫定ながらさらに差を詰めるチャンスを迎えた中、激しい残留争いに巻き込まれるウルブズをホームに迎えている。ハーランドやデ・ブライネが先発入りしたが、フォーデンがベンチ外となった。

序盤から圧倒的にボールを持つマンチェスター・Cは、相手ボックス付近で試合を進めることに成功。劣勢のウルブズはファールで止める場面が増えるが、判定に納得がいかずに異議でイエローカードを受ける回数が増加し、ロペテギ監督も14分に警告を受けた。マンチェスター・Cは19分、デ・ブライネのパスから最後はボックス内で受けたハーランドに決定機。しかし、シュートはGKサーにストップされる。29分にはグリーリッシュが強烈なミドルシュートを放ったものの、ここもGKサーに阻まれた。33分のロドリのミドルは枠の上へ外れる。

その後は一時ウルブズの攻勢に苦しんだマンチェスター・Cだったが、40分に先制に成功。デ・ブライネの正確なクロスに合わせたのは、ハーランドだった。エ―スの今季リーグ戦23点目(19試合)でリードを奪う。43分にはグリーリッシュがボックス内で倒れたが、VARレビューの結果、PKはなし。アディショナルタイムのグリーリッシュの決定機はゴールライン前でDFのクリアに防がれたものの、リードを保って前半を折り返す。

追いかけるウルブズは、後半開始から3枚替え。今冬加入したクーニャ、モウティーニョに加え、PSGから獲得したサラビアを投入。スペイン代表MFらに状況の打開を図る。一方のマンチェスター・Cは、リコ・ルイスに代えてアケをピッチに送り出している。

後半序盤もマンチェスター・Cが主導権を握り、49分にはギュンドアンがPKを獲得。これをハーランドが沈め、大きな追加点を手にした。勢いは止まらず、54分にはハイプレスからGKのパスをマフレズがカット。最後はハーランドが仕上げた。エースがハットトリックを達成し、勝負を決めにかかる。大活躍の背番号9は、60分にお役御免に。フリアン・アルバレスと交代した。

攻め続けるマンチェスター・Cは66分にマフレズがネットを揺らしたものの、判定はオフサイドに。68分に迎えたピンチはGKエデルソンが止めると、72分にアルバレスに決定機。その後は選手を入れ替えながらも失点は許さず。3-0と快勝を収めた。

この結果、連勝のマンチェスター・Cは勝ち点45に到達。2試合消化の少ない首位アーセナルとの差を、暫定ながら「2」まで縮めている。一方で今季11敗目を喫したウルブズは、勝ち点17のまま。17位から順位を上げることはできなかった。

なおハーランドは、プレミアリーグ19試合目にして早くも25ゴールに到達。2018-19シーズンのピエール=エメリク・オーバメヤン、サディオ・マネ、モハメド・サラー(22)、2019-20シーズンのジェイミー・ヴァーディ(23)、2020-21シーズンのハリー・ケイン(23)、2021-22シーズンのサラー&ソン・フンミン(23)と、過去4シーズンに得点王を獲得した選手たちのゴール数を1月の段階で上回っている。