ニュース 試合速報・結果
プレミアリーグ

ハーランドが15試合で21ゴール到達も…マン・C、グレイのスーパー弾で追いつかれドロー

2:04 JST 2023/01/01
haaland everton
【欧州・海外サッカー ニュース】プレミアリーグ第18節が行われ、マンチェスター・シティとエヴァートンが対戦した。

プレミアリーグ第18節が行われ、マンチェスター・シティとエヴァートンが対戦した。

カタール・ワールドカップ前最後の試合は敗れたものの、再開からリヴァプール(カラバオカップ:3-2)、リーズ(プレミアリーグ:3-1)と連勝を収めたマンチェスター・C。首位アーセナルを追走する中、2022年最後の一戦でエヴァートンと対戦した。プレミアリーグ最速20ゴールを達成したハーランド、デ・ブライネやエデルソンらが先発している。対するエヴァートンは、現在リーグ戦3連敗中。なんとか浮上のきっかけを掴みたいビッグマッチで、カルヴァート=ルウィンらがスタメンで出場している。

キックオフ前にワールドカップ制覇を成し遂げたFWフリアン・アルバレスを称えた後、エティハド・スタジアムでの試合は大方の予想通りマンチェスター・Cが主導権を握る展開に。11分、デ・ブライネのパスに飛び出したハーランドがチャンスを迎えたが、GKの飛び出しもあってシュートはサイドネットへ。16分にはベルナルド・シウバがボックス左手前で倒れたが、これはシュミュレーションをとられてイエローカードを受けている。

すると23分、マンチェスター・Cが先制に成功。決めたのは、やはりハーランドだった。ゴール前で右サイドへ展開し、マフレズがボックス内で仕掛けてラストパス。これを背番号9が押し込んでいる。ハーランドの今季リーグ戦21ゴール目で、ホームチームがリードを奪った。その後はストーンズのヘッドがポストを叩くなど追加点までは至らなかったものの、前半をリードして折り返す。

後半も序盤はマンチェスター・Cが押し込む展開に。しかし審判の無線機トラブルで数分間試合が止まると、64分にエヴァートンが同点に追いつく。カウンターからグレイがボックス内まで1人で持ち込むと、体制を一度崩しながらも立て直して右足を振り抜く。強烈なシュートがネットに突き刺さった。エヴァートンは初シュートで試合を振り出しに戻した。

追いつかれたマンチェスター・Cは70分過ぎから猛攻を仕掛けるが、徐々に荒れた展開となる中で追加点が遠い。82分にもボックス内で何度もシュートを放つが、GKピックフォードのスーパーセーブやDF陣のブロックに阻まれる。87分にはフォーデン、フリアン・アルバレス、ギュンドアンと一挙3枚を投入してゴールを目指すが、11分のアディショナルタイムでも勝ち越しゴールは奪えなかった。試合は1-1のドローで終了している。

この結果、マンチェスター・Cは1ポイントの獲得にとどまり、勝ち点は36に。この後試合を控える首位アーセナル(勝ち点40)にさらに差を広げられる可能性がある。一方のエヴァートンは連敗こそ「3」で止めたものの、5試合勝利無しとなった。