ニュース 試合速報・結果
プレミアリーグ

「彼はハットトリックしなかった。だから腹が立った」ペップが冗談交えながら1Gのみのハーランドを称賛

10:16 JST 2022/10/09
20221008 Erling Haaland
【欧州・海外サッカーニュース】アーリング・ハーランドが1ゴールを挙げたマンチェスター・シティはサウサンプトンに4-0で勝利した。

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、アーリング・ハーランドについて冗談を交えながら語った。

8日に行われたプレミアリーグ第10節でマンチェスター・Cはホームでサウサンプトンと対戦。20分にジョアン・カンセロが先制すると、32分にフィル・フォーデンが追加点をマークする。後半に入っても勢いは衰えず、49分にリヤド・マフレズ、65分にハーランドがネットを揺らして4-0でマンチェスター・Cがサウサンプトンを撃破した。

試合後、グアルディオラ監督はプレスカンファレンスの中で、前節のハットトリックに続き、この日もネットを揺らしてリーグ戦15ゴール目、公式戦20ゴール目をマークしたハーランドについて「彼が3ゴールを決めなかったことにとても腹が立った。だから、プレミアリーグから彼を締め出そうとする署名活動が起きるんだ!」と冗談交じりに話し、同選手を称えた。

「毎試合彼が3ゴールや4ゴールを挙げることをみんなが予想しているから、期待は相当高い。しかし、最終的に彼は再びゴールを決めた。彼はボールをキープし、戦って再び我々を助けた。アーリンは今日、本当に良いプレーをしたと思う」

また、グアルディオラ監督はイギリス『BBC』でサウサンプトン戦のチームのパフォーマンスに満足を示している。

「結果は良かったし、我々のプレーもかなり良かった。高いプレスを崩すことに苦労し、昨シーズンは本当に苦しめられたが、今日はかなり良かった。一部の選手はベストではなかったが、チャンスを作っていた。良い試合だったし、とても満足している。アーセナルとリヴァプールの結果を待たなければいけないが、プレミアリーグの首位に近い位置でワールドカップに行くことが重要だ」