ニュース 試合速報・結果
アルゼンチン

ルイス・エンリケ、メッシとマラドーナのどちらが上かを問われて「神と神だね。マラドーナはたった一人でW杯を勝ち取った。それでも…」

10:23 JST 2022/12/05
maradona messi

スペイン代表を率いるルイス・エンリケ監督が、リオネル・メッシ、故ディエゴ・マラドーナ氏のどちらが優れているというアルゼンチン・フットボール最大の議論について見解を述べている。

4日の『Twitch』の配信で、プルガ(メッシの愛称、ノミの意)とペルーサ(マラドーナ氏の愛称、もじゃもじゃ頭の意)のどちらが上かを問われたL・エンリケ監督。彼が選んだのはやはり、バルセロナでともに過ごした経験のある現役選手だった。

「フットボール的にプルガは神であり、ペルーサも同様に神だ。アルゼンチン人は素晴らしい幸運に恵まれ、スペイン人としては残念は話だよ」

「しかしチームというものは、監督や選手で比較されるものだね。誰のバルセロナは誰のバルセロナより優れていたとか、誰のレアル・マドリーや誰のアトレティコ・マドリーがどうとか……。だがチームも、状況も、年代もすべて異なるわけだよ」

「ペルーサの時代は信じられないものだったね。彼は私たち全員をフットボールに釘付けにしたし、たった一人でワールドカップ優勝を果たせるのだと思わせてくれた。しかしながら現在、そんなことを成し遂げるのは本当に難しくなってしまったんだ。だから私にしてみれば、メッシこそがこのスポーツ史上最高の選手なんだよ」

マラドーナ氏は1986年メキシコ・ワールドカップで、“神の手”、“5人抜きゴール”などの伝説的プレーを残しながらアルゼンチンを優勝に導いた。メッシはワールドカップ優勝を一度も経験していないが、カタール大会で悲願のトロフィー獲得を実現できるのだろうか。

▶【dポイントが貯まる・使える】ドコモスポーツくじでWINNER予想!今なら1口200円のクーポンをプレゼント