ニュース ライブスコア
UEFAチャンピオンズリーグ

「得点できなかったが前半をとても気に入っている」クロップがビジャレアル戦のパフォーマンスを絶賛

8:14 JST 2022/04/28
20220428 Jurgen Klopp
【欧州・海外サッカーニュース】リヴァプール(プレミアリーグ)はチャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグでビジャレアル(ラ・リーガ)に2-0で勝利した。

リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、2-0で勝利したビジャレアル戦後にチームを称賛した。

27日に行われたチャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグでリヴァプールはホームでビジャレアルと対戦。前半は組織されたビジャレアル守備陣に手を焼いてスコアレスで折り返したリヴァプールだが、53分にオウンゴールからついに均衡を破る。さらに2分後、モハメド・サラーのパスに反応したサディオ・マネが押し込んで追加点を挙げ、リヴァプールがこのまま2-0で勝利した。

5シーズンで3度目のファイナル進出に向けて先勝したリヴァプールのクロップ監督は試合後に『BTスポーツ』で「素晴らしい試合だった。私は前半をとても気に入っている。得点できなかったことだけが唯一の問題だった」と話し、難しい試合を制したチームを称えた。

「それでも、我々は彼らを静かなままでいさせることができていた。彼らの攻撃は脅威だからそうすることが重要だった。たくさんの良い瞬間があったが、ノーゴールだった。後半になると、我々はとても最高の方法でこの状況から脱した。両ゴールともに最高だった」

「フットボールはいつだって同じだ。守備という方法で相手へのリスペクトを示す。我々はこのようにできていたし、私は本当に気に入っている。カウンタープレスも最高だった。選手たちは最初から最後まで戦っていた。これが我々が勝利した理由だ。まだ半分が終わっただけだが、試合前より良い状況だ」

また、翌週に控える敵地でのセカンドレグに向けては「おそらく、セカンドレグにはジェラール・モレノが帰ってくるだろう。この試合がすべてではないし、何も問題はない。2試合を戦うこと、まだ決勝進出を決めたわけではないことを我々は認識している。仮に今夜の試合が0-0でも、敵地に行って戦うだけだ。だから、すべてがオーケーだ」とコメントした。