ニュース 試合速報・結果
移籍情報

移籍市場で注目のグヴァルディオル、夏以降の自身の去就に「僕のプランはライプツィヒに残ること」

7:52 JST 2023/01/09
Josko Gvardiol RB Leipzig 2022-23
【欧州・海外サッカーニュース&移籍情報】カタール・ワールドカップでクロアチア代表として活躍したヨシュコ・グヴァルディオルには欧州各国のビッグクラブが関心を寄せている。

RBライプツィヒのヨシュコ・グヴァルディオルは、自身の将来について言及した。

2021年夏にディナモ・ザグレブからライプツィヒに加入したグヴァルディオル。移籍以降、すぐさま主力の座を勝ち取り、今シーズンの公式戦19試合でプレーする同選手は、クロアチア代表としてカタール・ワールドカップに出場し、7試合すべてでフル出場して3位フィニッシュに貢献した。

ワールドカップの舞台で好パフォーマンスを披露し、期待の若手ディフェンダーとも評価されるグヴァルディオルに対しては、ヨーロッパ各国の強豪からの関心が寄せられている。レアル・マドリーが獲得に向けて高額な移籍金を用意するといった報道が後を絶たない。

夏の移籍市場では争奪戦が予想されるなど大きな注目を集めるグヴァルディオルは、ドイツ『ビルト』で自身の将来について「僕のプランはここに残ること。君たちもスポーティングディレクターのマックス・エーベルからのメッセージを見たと思う。どうなるだろうね。僕はこれから彼と話をしないといけない」と語った。

スポーティングディレクターのエーベル氏は先日にグヴァルディオルへの他クラブからの興味について「(オファーのメールは)すべてスパムフォルダーに入っている。グヴァルディオルやオファーといったワードは直接スパム行きだ。だから、私は何も受け取っていない」と話し、同選手の長期残留を望んだ。

「彼のような選手たちと今一緒に仕事ができることに私はとても満足している。彼らと半年以上一緒にやっていきたい。私は彼が我々とともに長期間プレーすることを願っているし、確信している」

<1/20(金)ブンデス再開!再開節は日本人所属クラブ全試合無料配信!>『ブンデスリーガLIVEアプリ』7日間無料トライアル実施中!