ニュース ライブスコア
セリエA

ビッグマッチ控える首位ナポリに痛手、クリバリがハムストリングの負傷で1カ月の離脱か

20:00 JST 2021/12/03
Kalidou Koulibaly Napoli 2021-22
【欧州・海外サッカーニュース】ナポリ(セリエA)のDFカリドゥ・クリバリは約1カ月間の離脱を強いられるようだ。

ナポリは2日、サッスオーロ戦で負傷交代したDFカリドゥ・クリバリら3選手の状態について、クラブ公式サイトを通じて発表した。

ルチアーノ・スパレッティ率いるナポリは今シーズン、開幕から約3カ月にわたって無敗の快進撃を続けるなど、36ポイントを獲得。長らくリーグで首位を走ってきたが、2-2と引き分けた前節のサッスオーロ戦において、主将のFWロレンツォ・インシーニェや守備の要であるクリバリ、さらにMFファビアン・ルイスら主力の3人がフィジカルトラブルにより途中交代するアクシデントが発生した。

クラブの発表によれば、ナポリ主将は左ヒラメ筋の攣縮、スペイン人MFは内転筋腱障害および右腸腰筋腱のトラブルが確認されている。2人は治療を受けつつ、4日の上位対決アタランタ戦での出場を見極めるために再度、診断を受ける見通しとなっている。

一方、80分に負傷交代したクリバリは、左ハムストリングの2度の損傷との診断を受けており、復帰までに4~5週間を要すると見られている。このため、次戦のアタランタ戦だけでなく、9日のヨーロッパリーグ(EL)グループC最終節レスター・シティ戦、さらには19日の2位ミランとのビッグマッチなど、年内の出場が危ぶまれている。