ニュース ライブスコア
J1リーグ

浦和MF汰木康也、神戸へ完全移籍「いろいろと悩み、考えた上でこの決断をしました」

14:37 JST 2021/12/28
urawa-yuruki-koya
【国内サッカー ニュース&移籍情報】ヴィッセル神戸が汰木康也を完全移籍で獲得。

ヴィッセル神戸は28日、浦和レッズからMF汰木康也が完全移籍で加入することを発表した。

汰木は横浜F・マリノス、モンテディオ山形を経て2019年に浦和へ加入。2020シーズンはリーグ戦30試合、2021シーズンはリーグ戦31試合に出場し、主力としてプレーした。神戸移籍の決断について汰木はこのように説明している。

「浦和レッズに関わる全てのみなさん。このたびヴィッセル神戸に移籍することになりました。3年間お世話になりました。小さいころからマリノス一筋でサッカーをしてきた僕が、初めてマリノス以外のクラブで唯一かっこいいと憧れていたクラブが浦和レッズです。レッズのエンブレムを付け、素晴らしいスタジアムで日本一熱いファン・サポーターのみなさんの前でプレーできたことは、僕の一生の財産です」

「今シーズンは多くの試合に出場しタイトルも獲得できましたが、悔しい思いもたくさんしました。いろいろと悩み、考えた上でこの決断をしました。自分の目標のため、応援していただいている方々のためにも最大限のチャレンジをしたいと思います。ありがとうございました」

また、神戸の公式サイトを通じて「多くのタイトルを獲得する、それに貢献する為に来ました。宜しくお願いします」と述べた。