2021年のKリーグアウォーズが迫る、今年のMVP有力候補は?

kleague
(C)K League
【韓国サッカーニュース】2021シーズンのKリーグアウォーズが7日に開催される。

Kリーグでは毎シーズン終了後に、最優秀選手(MVP)、最優秀若手選手、最優秀監督、ベストイレブンが発表される。

授賞式は豪華なホテルで開催され、候補者やスポンサー企業、放送局、メディアやそのほか多くの関係者が招待される。また、人気歌手のスペシャルステージなど豪華な祭典となっている。ただし、2021年においては新型コロナウイルス拡大の影響で、式典は例年よりも縮小される。

広告

選考プロセスにおいて、シーズン終了まで残り3節ほどになった際にクラブ側がリストを作成。Kリーグのテクノロジーアドバイザーや有名ジャーナリスト、批評家などシーズンほとんどのKリーグをチェックしている専門家たちがリストの中からさらに選手を絞ることになる。

その後、最終的な勝者を決めるために投票を実施。各クラブの監督とキャプテンで1票を投じる。これは最終決定の40%を占め、選ばれたジャーナリストたちはそのほかの30%を占めることになる。結果は式典の日までは秘密とされている。

この選考プロセスは2018年から導入。2017年まではジャーナリスト投票のみでの選考だったが、より体系的な公正な選出とするためにKリーグが変更。一緒にプレーしている選手、そして監督の票を追加することで、専門性のレベルを高める狙いがあった。

Jeong-Ho-Hong

今シーズンは11月30日から投票が開始。例年にも増す厳しい戦いが繰り広げられている。MVPの有力候補は、Kリーグの得点王となった済州ユナイテッドFCのジョー・ミンキュやリーグ制覇した全北現代モータースのキャプテンであるホン・ジョンホ、蔚山現代FCのイ・ドンジュンや大邱FCのセシーニャらとなっている。

Kリーグアウォーズは12月7日に開催。今年の各賞の行方に注目が集まる。

閉じる