ニュース ライブスコア
J1リーグ

3試合ぶり白星の鹿島アントラーズが首位に再浮上! 鈴木優磨弾などでセレッソ大阪に3発快勝

17:56 JST 2022/04/29
matsumura
【Jリーグ(J1)結果】明治安田生命J1リーグは4月29日に第10節が開催。ヨドコウ桜スタジアムではセレッソ大阪と鹿島アントラーズが対戦した。

明治安田生命J1リーグ第10節、セレッソ大阪vs鹿島アントラーズが29日にヨドコウ桜スタジアムで開催された。

ここまで3勝4分け2敗で7位のC大阪と、6勝1分け2敗で2位につける鹿島の対戦。試合は、早い時間帯に鹿島が動かす。6分、ゴールキックから前線でつなぐと、ボックス左に侵入した松村優太が枠内シュート。GKキム・ジンヒョンが弾いたこぼれ球をゴール前の鈴木優磨が押し込み、鹿島が幸先よく先行する。

これで勢いに乗った鹿島は14分にもゴールを割る。左サイドに流れた鈴木がアーリークロスを入れると、正面で飛び込んだのは松村。今季初先発の21歳、松村が見事なダイレクトボレーシュートで今シーズン初ゴールをマークし、鹿島がリードを2点に広げる。

ハーフタイムにかけては一進一退の攻防に。しかし、両チーム共に最後の部分で守備陣が踏ん張り、前半は鹿島の2点リードのまま終了する。

ハーフタイム明けに清武弘嗣に代えてジェアン・パトリッキ、53分に中原輝を下げて毎熊晟矢を投入したC大阪は、直後に決定機を演出する。遠めの距離からゴール前に入れたFKのクロスを西尾隆矢が折り返すと、最後は正面の毎熊がシュート。しかし、これは惜しくも左ポストに弾かれてゴールとはならない。

終盤にかけてはC大阪がポゼッションして能動的に仕掛けていくも、鹿島も集中を切らさずに無失点のまま時間が経過。逆にアディショナルタイムには正面のアルトゥール・カイキがダメ押しの3点目を挙げた鹿島がリーグ3試合ぶりの白星を手にし、同試合消化の川崎フロンターレをかわして首位に再浮上した。