ニュース ライブスコア
FIFAワールドカップ欧州予選

イタリア、まさかの予選敗退に…マンチーニ「最大の失望」ジョルジーニョ「現実を見なければ」

8:12 JST 2022/03/25
italy-mancini
【欧州・海外サッカー ニュース】イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督、ジョルジーニョが失意を語る。

イタリア代表を率いるロベルト・マンチーニ監督が失望を語った。UEFA公式サイトが伝えている。

イタリアは24日、ワールドカップ欧州予選プレーオフ準決勝で北マケドニアと対戦。スコアレスの時間が続くと、アディショナルタイムに痛恨の失点。0-1と敗れ、2大会連続でワールドカップ出場を逃した。

マンチーニ監督は「昨年7月(EURO 2020優勝)は、私がプロレベルで経験した最高の出来事だったが、今回は最大の失望だ」と認めた。

「残念ながら、これがサッカーだ、サッカーでは信じられないことが起こる。欧州選手権以降、おそらく私たちに付随する運が不運に変わったのだろう、今はどのように苦しむかを知る必要がある」

「この試合についてコメントするのは難しい。素晴らしい選手たちがいるグループだが、私たちはそれに値しなかったので申し訳ない。今はまだ、今後について話すには早すぎる。この敗北を消化しなければならない。人間的なことを言えば、7月の勝利のときよりも、今夜のほうがこの子たちを愛していると言える。失望感は大きい」

また、MFジョルジーニョは「非常に残念だ。常に試合をコントロールし、支配してきたからこそ、いいプレーができたと信じているが、フィニッシュまでいけなかった」と認めつつ、「誰かを責めるのではなく、これが現実なんだ」と話した。さらに、「相手にわずかなトライでゴールを決められてしまった。現実を見なければならないので、難しい」とも語った。