ニュース 試合速報・結果
リーグカップ

“幻ゴール”となった旗手怜央、現地メディアでは高評価「低迷から抜け出させようとした」

16:11 JST 2023/01/15
reo-hatate
【欧州・海外サッカー ニュース】前田大然とともに旗手怜央が高評価を得ている。

セルティックのMF旗手怜央が現地メディアで高評価を得ている。

セルティックは14日、ヴィアプレイ(スコティッシュリーグ)カップ準決勝でキルマーノックと対戦。相手のクリアが前田大然に当たって先制点を挙げると、終了間際にはジャコウマキスが追加点を奪い、2-0と勝利している。

50分にはゴールが取り消しとなった旗手だったが、現地メディアでは高評価を獲得。『デイリー・グラスゴー』では「7」の採点を与え、「序盤は何度かボールを奪われたが、中盤をコントロールし、巧みにパスをつないでいた。50分に放ったシュートがオフサイドの判定を受け、困惑した」と記した。

また、『スコッツマン』でも「7」の採点で、「後半開始早々、オフサイドの判定でゴールが取り消され、その直後にはシュートが枠を外れた。セルティックを後半の低迷から抜け出させようとした」と評価されている。