「お粗末」マグワイア、フランス戦主審を猛批判…「正しい判断を期待したけど、何も無かった」

Harry Maguire
(C)Getty Images
【カタール・ワールドカップ(W杯)最新ニュース&移籍情報】イングランド代表DFハリー・マグワイアが不満を爆発。

イングランド代表DFハリー・マグワイアが、フランス代表戦の審判を批判した。

10日、カタール・ワールドカップ準々決勝でフランスと対戦したイングランド。試合はオーレリアン・チュアメニのゴールで先制を許すも、ハリー・ケインのPKで同点とする。しかし、オリヴィエ・ジルーの勝ち越し点を奪われ、終盤にはケインが2度目のPKを外してしまい、イングランドは1-2と敗れた。

試合後、インタビューに応じたマグワイアは、『BeIN Sports』の取材に対し「試合を通してレフェリーの判断は本当にお粗末だったと思う」と批判。自身の見解を示した。

広告

「僕達はいつも、選手として批判される。だから、彼(審判)が出てきて、良い試合だったかどうかを周りに判断してもらえたら嬉しいね。前半はフランスが早い段階で5つも6つもファウルをするような判定がたくさんあったよ」

「後半はPK(があるべき所で)を与えられなかった。ブカヨ(・サカ)へのPKは明らかなファウルだったし、相手の先制点につながったんだ。大事な場面で僕らはレフェリーに正しい判断を期待するもの。残念ながら、今夜は何も得られなかったね」

▶【dポイントが貯まる・使える】ドコモスポーツくじでWINNER予想!今なら1口200円のクーポンをプレゼント

閉じる