ニュース ライブスコア
川崎フロンターレ 対 浦和レッズ

中村憲剛から継承した14番を初着用へ、MF脇坂泰斗「着る前から緊張」「目標はリーグ3連覇とACL制覇」

14:30 JST 2022/02/11
wakizaka
【Jリーグ 最新情報】「FUJIFILM SUPER CUP」では、明治安田生命J1リーグと天皇杯の王者が激突する。

川崎フロンターレに所属するMF脇坂泰斗が、「FUJIFILM SUPER CUP 2022」の前日会見に出席した。

Jリーグの開幕を告げる大会、昨季の明治安田生命J1リーグ王者と天皇杯覇者が激突する「FUJIFILM SUPER CUP」が12日に開催される。2020シーズンに現役引退した中村憲剛氏が着用していた「14番」を今季から継承する脇坂は、「緊張しています。ユニフォームを着る前から緊張するのはあまり経験がないですが、楽しみな気持ちも」と公式戦での初着用を前に心境を語り、「まずはチームの完成度や今季にかける思いを見せたいですね。個人としては、攻撃の部分で得点やアシストなど数字でチームに貢献していきたいです」と意気込みを語った。

また、日本代表候補合宿で今年をスタートさせた脇坂は「代表として活動して様々な経験ができて、沖縄キャンプでもコンディションを上げることができました。100%に近いです」と早くも万全な状態であることをうかがわせ、MFチャナティップら新加入選手とも、「キャンプでもピッチ内外でコミュニケーションが取れているので、そこを含めて良い連係が取れていると思います」と、良い関係が築けていることを強調した。

そして、浦和戦に向けては「先制点が鍵に。『今年もフロンターレ強いな』と思ってもらえるような試合をしたいです」と口にし、目標として「チームではリーグ3連覇とACL、個人としてはワールドカップや代表活動につなげられるように、まずはチームで100%を出して良いシーズンにしたいです」と語った。

「FUJIFILM SUPER CUP 2022」は、12日の13時35分にキックオフを迎える。