ニュース 試合速報・結果
移籍情報

チェルシーがE・フェルナンデス獲得に迫る!クラブ最高額の176億円でベンフィカと合意へ

7:34 JST 2023/01/04
Enzo Fernandez Argentina World Cup
【欧州・海外サッカー ニュース&移籍情報】チェルシー(プレミアリーグ)とベンフィカは、アルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデスの移籍で交渉を続けているようだ。

チェルシーは、アルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデスの獲得でベンフィカと合意に近づいているようだ。

昨年夏のベンフィカ移籍以降、急激に評価を高めるE・フェルナンデス。9月にアルゼンチン代表デビューを果たすと、カタール・ワールドカップにも招集。グループステージ第3戦以降は全試合に先発し、母国の36年ぶり3度目の優勝に大きく貢献した。大会最優秀若手選手にも輝いている。

そんな21歳MFは移籍市場でも大きな注目を集め、中でもチェルシーが先日から接触。個人合意に達したことも報じられていた。そしてベンフィカとの合意にも近づいているようだ。イギリス『BBC』は、現在も話し合いが続いていることを伝えている。

同メディアによると、チェルシーではエンゴロ・カンテとジョルジーニョが今季限りで契約満了することもあり、長期契約可能で市場価値を維持できる若手選手を獲得するという新オーナー体制での指針に基づいてE・フェルナンデスの獲得に動いている模様。現在は移籍金の金額や契約形態について協議を行っているという。

また移籍市場に精通するジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、チェルシーはベンフィカが設定した1億2000万ユーロ(約166億円)の契約解除条項を分割で支払うことを希望。そのため、さらに700万ユーロ(約10億円)を追加で支払うようだ。これは2021年にロメル・ルカクを獲得した際に支払った9800万ポンドを上回り、クラブ史上最高額になる。超大型移籍の実現が迫る。