チェルシー、スターリング獲得へマン・Cに接触…指揮官トゥヘルが獲得を希望か

Raheem Sterling Chelsea GFX
Getty / GOAL
【欧州・海外サッカー ニュース&移籍情報】マンチェスター・シティ(プレミアリーグ)FWラヒーム・スターリングについて報道。

チェルシーは、イングランド代表FWラヒーム・スターリングの獲得の可能性について、マンチェスター・シティと接触したと『GOAL』が報じた。

チェルシーの指揮官であるトーマス・トゥヘル監督は、サイドを任されているハキム・ツィエクとクリスティアン・プリシッチの将来に疑問が残る中、ストライカーのロメル・ルカクがレンタルでインテルに再加入することが決まったため、前線の各ポジションをこなせるスターリングを欲しがっているとのこと。

しかし、移籍金はアーセナルがガブリエウ・ジェズスに支払う予定の4500万ポンド(約74億円)よりも高くなる可能性が高いという。

広告

スターリングは昨シーズン、マンチェスター・Cに在籍するどのアタッカーよりも多くの時間をプレーしたが、チャンピオンズリーグ準決勝のレアル・マドリー戦や、リーグ優勝のかかった最終節のアストン・ヴィラ戦など、多くのビッグゲームでスタメンからは外されていた。また、ドルトムントからFWアーリング・ハーランドの移籍で競争の激化が予想されている。

同選手はマンチェスター・Cでの序列が下がったことでより多くの出場機会を望んでいるようだが、移籍を受け入れるかどうか、まだ公には語っていない。ただ、スターリングは過去に海外でプレーしたいという願望を明かしており、以前からレアル・マドリーやバルセロナが彼に興味を示していた模様。

チェルシーは現在、チームのリフレッシュを考えているという。DFアントニオ・リュディガーとDFアンドレアス・クリステンセンは契約満了で既に退団しており、今後数名のビッグネームが2人に続くと予想されている。

閉じる