ニュース ライブスコア
チェルシー

不振チェルシー、オフ予定の日曜に緊急練習…トゥヘル「愛されたいのであれば監督なんてやらない方がいい」

12:20 JST 2022/05/11
Thomas Tuchel Chelsea 2021-22
【欧州・海外サッカー ニュース】プレミアリーグ直近5試合で1勝と不振に陥るチェルシー。ウォルヴァーハンプトン戦の翌日には、急遽トレーニングを行ったようだ。

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、オフに行われたトレーニングについて語っている。

昨年1月にチェルシーの指揮官に就任し、わずか半年でFAカップ決勝進出とチャンピオンズリーグ制覇を達成したトゥヘル監督。今季もリーグカップとFAカップで決勝進出を果たしているが、直近5試合で1勝(2分け2敗)とやや調子を落としている。

そして指揮官は、土壇場の失点で引き分けた7日のウォルヴァーハンプトン戦(2-2)後、オフの予定であった翌日に選手たちを招集。戦術的なトレーニングと直近のパフォーマンスについて話し合いを行っている。

リーズ戦前の会見でその件について問われたトゥヘル監督は、「もし日常的に誰からも愛されたいのであれば、ハイレベルなサッカー監督になるべきではない。そうはならないからね」とし、以下のように続けている。

「今この瞬間は、私は人気はないだろうね。選手の多くは30分間のミーティングと、試合を振り返ることを予想していただろう。しかしなぜここにいるのか、そして天気が良いことを理解して、ほとんどの選手が受け入れてくれたよ」

「フリーな日が欲しい。『何もない日曜日』がキャンセルになったんだ! 日曜日の午前中は予定があったのだけど、キャンセルになった。だが、こんなこともある。午後1時からはU-23の試合があったんだけど、チームの2/3が残って見ていた。誰も車で帰ったりしなかったし、彼らは責任を負ってくれる。それがこのチームが好きな理由なんだ」