ニュース ライブスコア
FIFA クラブワールドカップ

チェルシー、パルメイラスとの120分間の死闘を制しクラブワールドカップ初制覇!ハヴァーツが決勝PK弾

7:02 JST 2022/02/13
Chelsea Champions celebration
欧州王者のチェルシーがFIFAクラブワールドカップ2021決勝で南米王者のパルメイラスと対戦。延長に及ぶ死闘を制し、クラブW杯初優勝を成し遂げた。

現地時間12日、FIFAクラブワールドカップ(CWC)はUAEで決勝戦が行われ、欧州王者チェルシー(イングランド)と南米王者パルメイラス(ブラジル)が対戦した。

前回出場時、決勝で南米王者に敗れたリベンジを果たしたいチェルシーは、マウント、カンテ、ハドソン=オドイ、そしてGKメンディが大会初先発。準決勝で決勝ゴールを挙げたルカクは決勝でもトップを務めた。

立ち上がりからボール保持で上回るチェルシーだが、パルメイラスも鋭いカウンターで対抗。絵に描いたような堅守速攻とセットプレーで徐々にリズムを掴み始める。

迎えた27分、カウンターからホニが最前線でボールをキープし、エリア内左に走り込んだドゥドゥにラストパスが渡る。しかし、ファーストタッチに失敗してからのシュートはゴール右へと外してしまう。

なかなかペースをつかみきれないチェルシーは31分、マウントに代えてプリシッチを投入。この交代で徐々にリズムを掴み始めたチェルシーだが、決定機と呼べるチャンスは作れないまま、互いに無得点で試合を折り返した。

後半もボールを保持するチェルシー、守ってカウンターを狙うパルメイラスという構図は変わらず。一進一退の攻防が続く中、ついに試合が動く。

迎えた55分、ペナルティーエリア左でボールを受けたハドソン=オドイの折り返しを、ゴール前のルカクがヘディング。DFに競り勝ち、ゴール左へとヘディングを沈めてチェルシーがようやく均衡を破った。

先制を許したパルメイラスは60分、ゼ・ラファエウに代えてジャイウソンを投入。すると直後、右サイドからのロングスローをグスタボ・ゴメスが競り、こぼれ球をドゥドゥが押し込むもGKメンディの正面に。しかし、直後にパルメイラスの選手たちがハンドをアピール。VARとオン・フィールド・レビューの結果、G・ゴメスと競り合ったチアゴ・シウヴァがハンドを取られ、パルメイラスにPKが与えられる。このPKをヴェイガが決めてパルメイラスが同点に追いつく。

追いついたパルメイラスが勢いづく中、前方にスペースができ始めたことでチェルシーもチャンスに近づいていく。77分にはルカクとオドイを下げてヴェルナーとサウールを投入したチェルシーに対し、パルメイラスはヴェイガとホニを下げてウェズレイとアトゥエスタを投入し勝負に出る。

しかし、アディショナルタイムの5分間でもスコアは動かず、勝負は延長戦へと持ち越された。延長に入り、サールとシイェシュを投入したチェルシーに対し、パルメイラスもナヴァーロを投入。延長に入っても拮抗した展開が続く中、延長戦前半を無得点で終え、このままPK戦かと思われた115分、ゴール前の混戦からパルメイラスがハンドを取られ、VARの結果、チェルシーにPKが与えられる。このPKをハヴァーツが決め、土壇場でチェルシーが勝ち越しに成功する。

残り少ない時間でパルメイラスも必死の攻めを見せたが、チェルシーが上手く時間を使いながらしのぎ切り、9大会前のリベンジを果たしクラブワールドカップ初制覇を成し遂げた。

■試合結果

チェルシー 2-1 パルメイラス

■試合結果

チェルシー:ルカク(55分)、ハヴァーツ(117分PK)

パルメイラス:ヴェイガ(64分PK)