ニュース 試合速報・結果
移籍情報

チェルシー、新契約交渉進まぬマウント流出危機?リヴァプールが獲得に動く可能性

16:06 JST 2023/01/21
Mason Mount Chelsea 2022-23
【欧州・海外サッカー ニュース&移籍情報】チェルシー(プレミアリーグ)との現行契約は残り18カ月となったメイソン・マウント。リヴァプールが夏の獲得を狙っているようだ。

リヴァプールは、今夏の移籍市場でイングランド代表MFメイソン・マウントの獲得に関心を持っているようだ。

直近数シーズンはマンチェスター・シティとともにプレミアリーグを牽引し、激しいタイトル争いを繰り広げてきたリヴァプール。しかし今季はケガ人の続出に苦しみ、18試合を終えた時点で勝ち点は28、9位に甘んじている。チーム強化のためには中盤の補強の必要性が叫ばれており、今後の動向に注目が集まっていた。

そして夏の移籍市場で、マウントの獲得に動く可能性があるようだ。イギリス『ガーディアン』によると、これまでモイセス・カイセドやジュード・ベリンガムなどへの関心が伝えられていたが、中盤の若返りを図っており、マウントもそのターゲットの1人となっているようだ。

なおチェルシーで公式戦180試合以上に出場するマウントだが、現行契約は残り18カ月となっている。『ガーディアン』によると、イングランド代表MFは現在週給7万5000ポンド(約1200万円)とクラブ内では最低の部類の給与を受け取っているが、チームの主力を担い続けていることからそのパフォーマンスが新たな契約に反映されることを希望しているようだ。またチェルシーは冬の移籍市場で大型補強に動き、先日にはカイセドへのオファーがブライトンに拒否されている模様。そんな中で、マウントは出場機会の保証などを求めているという。

そしてチェルシーとマウントの契約交渉は、現時点でうまくいっていないとのこと。今後数週間のうちに話し合いを再開させ、マウントの活躍に見合う新契約を提示する考えのようだが、新契約がまとまるかは現時点で不透明のようだ。夏の移籍市場の際には現行契約が残り1年となる24歳のイングランド代表MFだが、そのような決断を下すのだろうか。