ニュース 試合速報・結果
ノッティンガム・フォレスト vs チェルシー

「標準以下。トップ4は明らかに長い道のり」下位にドローのチェルシー指揮官が失望を口に

14:28 JST 2023/01/02
20230101 Graham Potter
【欧州・海外サッカーニュース】チェルシーはプレミアリーグ第18節のノッティンガム・フォレスト戦を1-1のドローで終えた。

チェルシーのグラハム・ポッター監督は、ノッティンガム・フォレスト戦を引き分けたことに落胆した。

1日に行われたプレミアリーグ第18節でチェルシーは敵地でノッティンガム・フォレストと対戦。下位に沈むチーム相手に、チェルシーは16分にラヒーム・スターリングのゴールで先制する。しかし、その後ボールを持つも追加点を奪えない状況が続くと、63分に失点して同点に。試合はこれ以上動かず、1-1のドローで終わった。

リーグ戦再開以降もなかなか調子が上がらず8位に沈むチェルシーのポッター監督は、試合後にイギリス『BBC』で「我々にとって全体的に標準以下のパフォーマンスだった」と話し、試合を振り返った。

「フォレストを称えるべきであり、彼らは彼らのやるべきことをしっかりとやっていた。試合をコントロールしていても我々は十分に良いことができなかった。深く守るフォレスト相手にチャンスを作るのは簡単なことではない。後半には苦しめられたから、喜べるパフォーマンスではなかった。1ポイントを受け入れないといけないが、この結果に失望している」

「失点だけが我々がポイントを落とした理由ではない。全体的なパフォーマンスが良くなかった。誠実になって良くなっていく必要がある。交代選手のパフォーマンスはポジティブだった。ただ、結果には失望している」

また、16試合を消化して7ポイント差のついたトップ4の可能性についてポッター監督は「たくさんのトップ選手やトップ指揮官を擁するビッグクラブが多くあるから、いつだってタフだ。次の試合のことだけを考える必要があるが、明らかに長い道のりが待っている」と話していた。