ニュース 試合速報・結果
プレミアリーグ

セルティック指揮官、決勝点の古橋亨梧に「今やっていることを続ける必要がある」

7:10 JST 2022/12/23
20221222 Kyogo Furuhashi
【欧州・海外サッカーニュース】古橋亨梧の得点でセルティックは2-1でリヴィングストンに勝利した。

セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督は、リヴィングストン戦で得点を挙げた古橋亨梧について語った。

21日に行われたスコティッシュ・プレミアシップ延期分の第7節でセルティックはホームでリヴィングストンと対戦。23分にオウンゴールからセルティックが先制点を奪うと、45分に古橋がリエル・アバダのクロスに飛び込んでネットを揺らして追加点をマークする。直後には1点を返されるも、セルティックはこのリードを守って2-1でリヴィングストンを下した。

このゴールで今シーズン公式戦の得点数を12ゴールに伸ばするなどワールドカップ中断期間明けも好調を維持する古橋に、ポステコグルー監督は試合後に『セルティックTV』で賛辞を送った。

「彼は今やっていることをただやり続けなければならない。彼は今日得点を挙げ、もう数ゴール奪えたいくつかの良い場所にも侵入していた。だから、彼はこれらのポジションに入ることをやり続けなければならないだけだ」

「しかし、我々はゴールを奪うことを1人の選手だけに頼ってばかりはいられない。我々にはよりたくさんの選手たちがあのポジションにいる必要があるし、そういう意味で今日は十分ではなかった」