ニュース ライブスコア
ブンデスリーガ

シュトゥットガルト、ビーレフェルトが残留へ望みつなぐドロー。アウクスブルクは痛い敗戦

0:37 JST 2022/05/01
wataru-endo
【欧州・海外サッカー ニュース】ブンデスリーガの残留争いに注目が集まっている。

ブンデスリーガ第32節が30日に行われ、各地で日本人選手がチャンスを得た。

降格圏に沈む17位ビーレフェルトは15位ヘルタ・ベルリンと対戦。38分には奥川雅也がスルーパスに抜け出し、シュートを放つが、惜しくもオフサイドに。55分にヘルタが先制する。コーナーキックからルーカス・トゥザールが頭で合わせ、ネットを揺らした。

敗色濃厚となったビーレフェルトだが、終盤に同点に。アーリークロスをヨアキム・ニルソンが高い打点で合わせ、1-1に。残留争い直接対決は痛み分けに終わった。

16位シュトゥットガルトは12位ヴォルフスブルクとホームで対戦。遠藤航、伊藤洋輝が揃ってスタメンに入った。しかし、先制したのはヴォルフスブルク。13分、マクシミリアン・アーノルドのコーナーキックからジョン・ブルックスが頭で叩き込み、先制点を獲得する。34分には遠藤が厳しいタックルでイエローカードを受ける。

試合は終盤にシュトゥットガルトが追いつく。89分、左サイドを突破したエンツォ・ミローのクロスをクリス・フュルリッヒが合わせ、同点に。1-1のドローに終わっている。

また、14位アウクスブルクは7位ケルンに前半から圧倒される。12分にヤン・ティールマンのゴールで先制されると、その3分後にはマルク・ウートの見事な左足ボレーで0-2に。63分にもアントニー・モデストのPKでケルンが3点目を挙げる。73分にはアウクスブルクが1点を返すも、77分にモデストがダメ押し弾を奪い、1-4に。結局、そのままケルンが4-1と勝利した。

残り2試合で14位アウクスブルクが勝ち点35、15位ヘルタ・ベルリンが同33、16位シュトゥットガルトが同29、17位ビーレフェルトが同27となっている。なお、18位グロイター・フュルトはすでに降格が決定している。

▶21/22ドイツ ブンデスリーガ全試合LIVE配信!

z_bundes_1920_1080