ニュース 試合速報・結果
プレミアリーグ

「ミトマはとても良い選手」ブライトン指揮官がスパーズ戦のインパクト称える…今後の起用法にも言及

12:00 JST 2022/10/10
20221009 Kaoru Mitoma
【欧州・海外サッカーニュース】ブライトンはホームでトッテナムに0-1で敗れた。

ブライトンのロベルト・デ・ゼルビ監督は、三笘薫のトッテナム戦でのインパクトを称えた。

9日に行われたプレミアリーグ第10節でブライトンはホームでトッテナムと対戦。22分にハリー・ケインの得点でリードを許したブライトンは、67分にペルヴィス・エストゥピニャンに代わり、三笘を投入する。日本代表MFは積極的なプレーを見せて敵陣に攻め込む場面を作ったが、ゴールには至らず。ブライトンはこのまま0-1で敗れた。

ブライトンが強豪トッテナムに屈し、今シーズン2敗目を喫したこの試合の後、9月からチームを指揮するデ・ゼルビ監督は、終盤にかけて好プレーを見せた三笘について言及。その様子を『ザ・アーガス』や『サセックス・ライブ』が伝えている。

「ミトマはとても良い選手だ。彼とアダム・ララーナは先週のリヴァプール戦で試合を変え、この試合でも同じだった。クオリティのあるすべての選手を起用したいが、11人でしかプレーできない。彼はグレートな男で、グレートな選手だ」

「将来的に、スタイルを変えることはできないが、ピッチ上でのポジションを変えることはできる。しかし、最善の解決策を見つけることは難しい。(レアンドロ)トロサールもとても良い選手で、(パスカル)グロスや(ソリー)マーチも同様だ」

「リヴァプール戦と今日の試合でミトマは左ウィンガーとしてプレーし、マーチはサイドバックだった。おそらく、これは解決策の1つになるかもしれない。しかし、現時点で私には何もわからない」