ニュース ライブスコア
バルセロナ

バルセロナ、エンバペのレアル・マドリー移籍を確信…ハーランド獲得に集中へ

7:23 JST 2022/03/05
Mbappe Haaland
【欧州・海外サッカー ニュース&移籍情報】バルセロナ(ラ・リーガ)は、キリアン・エンバペはレアル・マドリーへ移籍すると確信。アーリング・ハーランドの獲得へ集中する方針を固めつつある。

バルセロナは、パリ・サンジェルマン(PSG)FWキリアン・エンバペの獲得を諦め、ドルトムントFWアーリング・ハーランドの獲得に集中する方針を固めつつある。『GOAL』の取材で明らかとなった。

今季限りでPSGとの契約が満了となるエンバペ。本人は去就について明言せず、PSG側は契約延長のために世界最高給を用意しているとも伝えられているが、以前からレアル・マドリーへのフリー移籍が濃厚とされている。

バルセロナもフランス代表FWとの契約に興味を示すクラブの1つだったが、獲得を諦めつつあるようだ。幹部の1人は「(レアル・マドリー会長)フロレンティーノ・ペレスが今からエンバペを失うことは非常に難しいだろう」と語り、すでに代理人と合意に至っている可能性があると考えている。

そして、バルセロナは最大のライバルへ対抗するため、ハーランドの獲得に集中する方針を固めつつある。

レアル・マドリーやマンチェスター・シティなど数多くのメガクラブが狙うハーランドについて、バルセロナ側も獲得が困難であることは認めている模様。選手放出や『バルサ・スタジオ』などの資産売却による資金調達、チーム全体の給与削減などが必要になることが予想される。

それでも、今夏はセサル・アスピリクエタやアンドレアス・クリステンセン(共にチェルシー)、フランク・ケシエ(ミラン)などフリーで契約可能な選手の獲得に尽力。資金の多くをハーランドへの移籍金に投じる可能性もある。

取材=ホルヘ.C.ピコン(『GOAL』レアル・マドリー番記者)&ルベン・ウリア(『GOAL』スペイン版編集長)