ニュース ライブスコア
バルセロナ

バルセロナ会長、クーマンに反論「直感を信じてもっと前に監督代えるべきだった」「メッシ放出は後悔していない」

8:37 JST 2022/03/08
Laporta Koeman

バルセロナのジョアン・ラポルタ会長が、自身に対する不満を述べていたロナルド・クーマン前監督について見解を述べた。

クーマン前監督は先日、オランダメディアとのインタビューでラポルタ会長について非難。「最初から自分のことを信じていなかった」「チャビに対して、私には与えなかった時間を与えている」など、自身の扱いに対する不満を述べていた。

これに対してラポルタ会長は、バルセロナのオウンドメディアで自身の見解を述べた。会長復帰から丸1年を迎えたタイミングでのインタビューで、オランダ人指揮官について次のように語っている。

「最初のシーズンを終えたときに、もう迷いはあったんだ。それでも彼への敬意から今季もチームを任せることにしたが、もう一回痛ましい決断を下す瞬間が訪れてしまった」

「もっと前に監督を代えるべきだったか? そうだね。自分の直感を信じるべきだったんだ。クーマンのことは、ウェンブリーの劇的ゴールを決めた選手として、若手選手たちの起用した勇敢な監督として、私の記憶に残り続けるよ。今、つらい思いをしているならば、早く立ち直ることを願っている」

ラポルタ会長はまた、財政難によって放出した現パリ・サンジェルマンFWリオネル・メッシについても今一度振り返っている。

「これまで下してきたすべての決断の中で最も悲しいものだった。絶対に望まぬ決断だったが、しかし後悔もしていない。なぜならば、何よりもクラブが先にあるべきだからだ。私たちは組織というものを最上位に置いた。世界最高の選手よりも上にね。状況はそういうものだったとしか言いようがない」

「バルセロナの歴史は続いていくし、努力することで成功の道へ戻ることができるんだよ」

その一方で、ヨーロッパリーグについては優勝への大きな意欲を表している。

「ヨーロッパリーグは胸踊る。私たちが保持していないタイトルだからね。この大会には困難なライバルチームも参加している。ガラタサライホームの試合は、簡単なものにならないだろう。私たちはどんどん良くなっているし、優勝の可能性だってあると思う。ラ・リーガについても同様で、まだ逆転優勝を果たせることを期待しているよ」