ニュース ライブスコア
ウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズ 対 アーセナル

10人で逃げ切りのアーセナル、アルテタ監督「アイデアは出尽くした。一体感も団結感もあった」

8:49 JST 2022/02/11
arteta-arsenal
【欧州・海外サッカー ニュース】アーセナルのミケル・アルテタ監督がウォルヴァーハンプトン戦勝利を振り返った。

アーセナルのミケル・アルテタ監督がウォルヴァーハンプトン戦勝利を喜んだ。『BBC』が伝えている。

アーセナルは10日、プレミアリーグ第24節でウォルヴァーハンプトンと対戦。コーナーキックからガブリエウが押し込んで先制に成功する。後半にはマルティネッリが退場となるも、1点のリードを守りきり、1-0と勝利した。アルテタ監督は試合をこのように総括している。

「レッドカードで窮地に立たされたが、何とか持ちこたえなければならなかった。ウルヴスは7人の選手を前線に投入し、クリーンシートを維持するのは難しかったが、我々はボックス内を非常によく守っていた。我々は改善し続けなければならない。我々の現実は次の試合だ」

「あのような(10人での)サッカーに勝つことは非常に難しく、我々はそれを止めなければならない。我々はそれについて話してきた。もうアイデアは出尽くしたと思う。選手たちの性格や頑張り、精神面は本当に素晴らしい。一体感もあったし、団結力もあった」

一方で、一連のプレーで2枚のイエローカードを一気に受けて退場となったマルティネッリに関しては「あんなの見たことない。この国に18年いるが、あのようなことは見たことがない」と審判の判定を批判した。