アーセナル、注目株ムドリク獲得へ最初のオファー…総額88億円もシャフタールは拒否へ

GFX Info Mykhailo Mudryk Arsenal
Getty
【欧州・海外サッカーニュース&移籍情報】アーセナルはシャフタール・ドネツクのミハイロ・ムドリクを1月のメインターゲットに据えている。

アーセナルが、シャフタール・ドネツクMFミハイロ・ムドリク獲得に向けてオファーを提示したことが『GOAL』の取材で判明した。

今シーズンのプレミアリーグで、ここまで首位を走る絶好調アーセナル。2003-04シーズン以来となる19年ぶりのリーグ優勝に向けて邁進する中、ガブリエウ・ジェズスがカタール・ワールドカップで負傷し長期離脱に。1月の移籍市場では前線の補強に動くことが予想される。

そんなアーセナルが特に強い関心を寄せるのがムドリク。ウクライナの強豪シャフタールで21歳にして10番を背負う同選手は、今シーズンのチャンピオンズリーグのセルティック戦でゴールをマークするなど、ここまで公式戦18試合で10ゴール5アシストを記録。ビッグクラブからの興味が絶え間なく伝えられている。

広告

そして『GOAL』の取材で、アーセナルがシャフタールに対して最初の正式なオファーを提出したことが判明。1500万ポンド(約24億円)のボーナスが付帯する4000万ポンド(約64億円)の移籍金を提示した。

しかし、注目の集まるムドリクの移籍金を9000万ポンド(約144億円)と公言してきたシャフタールは、今回のアーセナルのオファーを拒むことが予想されている。今後の動きに注目が集まっている。

閉じる