アーセナル、ライス獲得へクラブ最高額160億円超を提示も…ウェストハム要求額は216億円か

Declan Rice West Ham 2022-23Getty Images

ウェストハムは、イングランド代表MFデクラン・ライス獲得に向けたアーセナルからの2度目のオファーを拒否したようだ。イギリス『BBC』などが伝えた。

今夏の移籍市場で去就に注目の集まるライス。チェルシー下部組織からウェストハムに加入してファーストチームデビューを果たして以降は評価を高め、今シーズンにはチームのヨーロッパ・カンファレンスリーグ制覇に貢献。さらにイングランド代表にも欠かせない存在となっており、移籍市場でも数々のビッグクラブが関心を寄せていることが伝えられている。

そんなライスについて、ウェストハムのデイヴィッド・サリバン会長は「99%」同選手が退団すると語っており、バイエルン・ミュンヘンやマンチェスター・シティの他、アーセナルが強い関心を持っており、実際に獲得交渉を行っていることが報じられた。先週には合計8000万ポンド(約144億円)の最初のオファーを送ったが、ウェストハムが拒否したと見られている。

以下に続く

そして『BBC』によると、アーセナルは提示額を大幅に見直し、分割回数を減らしたクラブ史上最高額を更新する7500万ポンド(約135億円)に1500万ポンド(約27億円)のボーナスが付帯する合計9000万ポンド(約162億円)相当を提示。しかし、ウェストハムは再びオファーを受け入れなかったようだ。

なお、ウェストハムはライスの評価額を1億2000万ポンド(約216億円)に設定しているとも伝えられている。それでもアーセナルは3度目のオファーを準備しているとも伝えられており、今後の動向に注目が集まっている。