ニュース 試合速報・結果
FIFA ワールドカップ

奇跡じゃない! 強烈同点弾の日本代表MF堂安律「あそこは俺のコースなので」

6:20 JST 2022/12/02
20221202_Doan
【サッカー日本代表 最新情報】日本代表は現地時間12月1日のカタール・ワールドカップ(W杯)グループE最終節でスペイン代表と対戦。

日本代表MF堂安律が、スペイン代表戦後のフラッシュインタビューに応じている。

日本は12月1日深夜にキックオフしたカタール・ワールドカップ(W杯)グループE最終節でスペインと対戦。優勝候補との一戦では、戦前の予想通り押し込まれる展開のまま早々の11分に失点を喫したが、1点差で折り返し。

後半に入ると、ハーフタイム明けから途中出場していた堂安が右サイドから積極的な仕掛けでカットイン。左足を振り抜いて強烈なシュートを決め切った。さらにその3分後にもボックス右でボールを持った堂安の折り返しに飛び込んだ三笘薫がライン際で折り返し、田中碧が身体で押し込んで逆転に成功している。

そして、2-1で試合を終えたことにより、日本は首位で決勝トーナメント進出を果たした。試合後のフラッシュインタビューに応じた堂安は、以下のように喜びを伝えつつ自信をもっていたことを明かした。

「本当にまだ歴史を塗り替えたわけじゃないんですけど、大きな壁を塗り替えたなと。チーム一丸となって戦えた結果だと思います。あそこは俺のコースなので。あそこで持てば絶対打ってやるって決めていたので。思い切って打ちました」

また、堂安は日本が最初に世界を騒がせた試合である初戦のドイツ戦でも途中出場から流れを変える同点弾をマーク。格上を撃破した2試合で生まれた4得点のうち、3得点に直接的に関与している。

「これで一戦目が奇跡じゃなくて勝ったと思ってもらえたと思いますし、さっき言ったようにベスト16がまだ乗り越えられていないので、今日はたくさん喜んで明日から切り替えたいと思います」

ハーフタイム時の監督からの指示は「アグレッシブに行け」というものだったことも明かした堂安。有言実行の男は、国民への感謝とさらなる応援を呼び掛けた。

「国民の皆さん、おはようございますと言う時間だと思いますけど、本当に朝早いにもかかわらずたくさんの人が応援してくれたと思います。次の試合も本当に皆さんの力が必要になりますので、応援よろしくお願いします! 」

▶【dポイントが貯まる・使える】ドコモスポーツくじでWINNER予想!今なら1口200円のクーポンをプレゼント