ニュース 試合速報・結果
親善試合

サッカー日本代表率いる森保監督、エクアドル戦での先発総入れ替えを明言! W杯ベスト8以上目指し「2チーム分の戦力を準備」

23:21 JST 2022/09/26
20220926_Hajime_Moriyasu
【サッカー日本代表 最新情報】日本代表は9月27日のキリンチャレンジカップ2022でエクアドル代表と対戦する。

日本代表を率いる森保一監督が、キリンチャレンジカップ2022・エクアドル代表戦の前日会見で先発メンバーについて言及した。

カタール・ワールドカップ(W杯)に向けた強化に励む日本は、9月シリーズのキリンチャレンジカップで23日にアメリカ代表に2-0で完勝。前半中にハイプレスから先制点を奪うと、後半には途中出場の三笘薫が加点するプラン通りの試合を演じた。

続く27日にはエクアドルとの対戦を予定。前日会見に出席した森保監督はまず「W杯に向けて非常に重要な一戦だと思っています。目の前の試合に勝利を目指しつつW杯に向けて戦い方をより整理できるように良い練習をして明日の試合に臨みたいと思っています」と意気込みを語った。

質問が先発メンバーに関するものに及ぶと「アメリカ戦とは先発全員を入れ替えて試合に臨みたい」と明言。一方で、今シリーズ中に起用できない選手も出てくるであろうことも口にした。

「できれば招集した選手を全員起用したいという思いは持っていますが、残念ながら全員の選手を使ってあげることはことはできないかなと思っています。そこに関しては選手たちはこの活動期間中も日々ベストを尽くして、練習中から、オフザピッチのホテルでもチームのことを考え、サッカーのことを考えてくれているので、そこは起用するという部分では心苦しいところではありますが、選手たちの普段の頑張りはしっかり受け止めながら明日の試合への練習をしていきたいと思います」

また、中3日で迎えるエクアドル戦で先発メンバーを全員入れ替える理由が、W杯でのプランにあるとも説明。日本は11月23日にドイツ代表戦、同27日にコスタリカ代表戦、12月2日にスペイン代表を戦うが、指揮官は「ドイツとスペインはW杯でも優勝している世界トップオブトップを走る強いチーム。コスタリカも過去ベスト8に入ったことがある世界の中での強豪ということで、例えば初戦ドイツと戦った時に普段も選手たちは厳しい環境の中でインテンシティの高い試合をしていますが、W杯初戦というプレッシャーや相手の力も踏まえた時に、普段よりもおそらく想像以上に大きなエネルギーを使うことになる」との想定を明かす。

そして、史上初のW杯ベスト8以上という目標を達成するために、これまでとは違うマネジメントが必要になるとの考えを強調した。

「心身ともに中3日で回復できないような試合をしなければ勝つ、あるいは勝ち点をつかみ取るということは難しいと思います。そうなったときに一部の選手で積み上げてチーム力を上げるだけではなくて、分かりやすく言うと2チーム分くらいの戦力がいる中で疲弊した選手を入れ替える、もっと言うと6月シリーズでやったみたいに1試合ずつ選手を入れ替えながら勝っていける、戦えるくらいに準備しておかないと我々が目標としているところ、ベスト16の壁を破ってベスト8以上ということは難しいかなということでこれまでトライしてきました」

とはいえ、選手を入れ替えることでチームとして連係面でクオリティに差が出ることも懸念されるが、森保監督は「より結果を出すために、難しいことを乗り越える準備しなければいけない」と意欲を燃やす。

W杯に向けた強化としては本大会直前の11月17日にもカナダ代表との国際親善試合が予定されているが、よりチーム構築に時間を割けているのが今回の9月シリーズだ。森保ジャパンの真骨頂発揮が期待されるエクアドル戦は、9月27日の20:55にキックオフを迎える。