ニュース 試合速報・結果
ブンデスリーガ

前節負傷交代も、遠藤航は次戦出場可能?ウニオン戦に向けてランニング再開など調整

15:00 JST 2022/10/07
 Wataru Endo Stuttgart 20220917
【欧州・海外サッカーニュース】シュトゥットガルトMF遠藤航がウニオン・ベルリン戦に出場する可能性は高いかもしれない。

シュトゥットガルトの日本代表MF遠藤航は、ランニングを再開したようだ。クラブがその様子の写真を公式ツイッターに投稿している。

遠藤は、1日に敵地で行われたブンデスリーガ第8節ヴォルフスブルク戦にDF伊藤洋輝らとともに先発出場。しかし2-2のスコアで迎えた63分、攻撃参加した際に足を痛めた模様で座り込み、プレー続行不可能になっていた。結局2-3で敗れた試合の翌日、クラブはマッチレポートで、遠藤の状態について「今のところ、ウニオン・ベルリン戦への出場を危ぶむ必要はなさそうだ」と触れている。

そして、シュトゥットガルトのキャプテンは5日にはランニングを再開したとのこと。クラブが5日、遠藤と伊藤がランニングしている姿の写真をツイート。伊藤が全体練習には参加していなかった理由を「負荷管理」とするドイツ『Ligainsider』は、「エンドウはブンデスリーガでの前節で腓骨頭に打撲を受けていた。だが、おそらくウニオン・ベルリン戦で欠場を強いられることはないだろう」と伝えた。

なおクラブは、6日には遠藤が全体練習も再開したようにも見える写真も投稿。9日に行われるブンデスリーガ第9節ではウニオンをホームに迎えるシュトゥットガルトだが、キャプテンを欠く事態は免れそうだ。

<7日間無料トライアル実施中!>今週10/8(土) ドイツ頂上決戦デア・クラシカー!「ドルトムント×バイエルン」『ブンデスリーガLIVEアプリ』全試合LIVE配信