ニュース 試合速報・結果
FIFA ワールドカップ

「お祝いはなしだ!」オーストラリア指揮官が16年ぶりのW杯決勝T進出に歓喜も休息優先

16:11 JST 2022/12/01
20221130 Graham Arnold
【W杯 最新情報】オーストラリア代表はデンマーク代表に1-0で勝利してカタール・ワールドカップ(W杯)グループDを2位で通過した。

オーストラリア代表のグラハム・アーノルド監督は、16年ぶりの決勝トーナメント進出を決めた選手たちを称えた。イギリス『BBC』が伝えている。

30日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)グループD最終節でオーストラリアはデンマークと対戦。敗れれば敗退の決まるオーストラリアはデンマークにボールを持たれる展開が続く。それでも60分にマシュー・レッキーが先制点をもたらすと、この1点を最後まで守り切り、強敵デンマークに1-0で勝利した。

大陸間プレーオフを勝ち上がって本戦出場を決め、初戦でフランスに1-4の完敗を喫したが、その後チュニジアとデンマークに連勝したオーストラリアは、2006年大会以来となる16年ぶりのグループ突破を決めている。

史上2度目のノックアウトステージ進出という歓喜に沸く中、オーストラリアのアーノルド監督は試合後に『BBC』に対して「選手たちの取り組みにとても満足している。短い期間しかなかったが、彼らの努力は相当なものだった」と話し、喜びを続けた。

「強い信念とハードワークがあった。選手たちは最高の気持ちとともに試合に入った。この4年から4年半にわたり、我々はそうできるように取り組んできた。我々には信念とエネルギー、集中力がある。今日、準備できていることが彼らの目から伝わって来た」

「お祝いはなしだ! だからチュニジア戦のとても大きな勝利の後、我々は再び勝ったんだ。セレブレーションはないし、感情もなしだ。ソーシャルメディアもなしで、寝るだけだ」

▶【dポイントが貯まる・使える】ドコモスポーツくじでWINNER予想!今なら1口200円のクーポンをプレゼント