ニュース 試合速報・結果
FIFA ワールドカップ

日本代表ユニフォームが「常に美しい」と伊サイトが注目…カタールW杯ベスト10に選出

19:09 JST 2022/11/29
japan_getty (2)
【欧州・海外サッカーニュース】日本代表のユニフォームが常に美しい理由について、イタリアのサイトが持論を展開した。

カタール・ワールドカップ(W杯)に出場する各国代表チームのユニフォームについて、イタリアのサッカー情報サイト『L’Ultimo Uomo』が28日に特集を組んで日本代表にスポットライトを当てた。

特集記事では「W杯のベストユニフォーム」の見出しで各国代表チームのユニフォームに注目。フランスやチュニジア、韓国、セネガルやメキシコ、アルゼンチンなどとともに、日本代表のユニフォームをベスト10に選出した。

日の丸とは異なる青色をベースとしたサムライブルーのユニフォームについて、「イタリアやドイツと同様に、日本は国旗からインスピレーションを受けていないユニフォームを使用する国の1つだ」と紹介。「1998年にW杯初出場を果たしてから、日本は常に美しいユニフォームを使用してきた」と綴った。

日本代表のユニフォームのデザインが美しい理由として、「ブルーを基調とし、細部に白もしくは赤を使用しており、シンプルな組み合わせで失敗することはほぼ不可能」であるとしている。さらに「小さな国旗を施したり、エンブレムに3つ足の八咫烏が使用されていたり、日本文化を想起させる」デザインであることにも注目した。

また、カタールW杯では折り紙をモチーフとしたデザインが採用されたことを紹介。折り紙の中でも「特に、最も定番である折り鶴」から着想を得たものであることに言及しつつ、山折りや谷折りを意識した白色のラインは「テレビゲームのグリッチのようで、日本の伝統と技術を融合している」ユニフォームであると指摘した。

▶【dポイントが貯まる・使える】ドコモスポーツくじでWINNER予想!今なら1口200円のクーポンをプレゼント