ニュース ライブスコア
サンダーランド

ロイ・キーン氏、13年ぶりにサンダーランド指揮官に復帰か…首脳陣が接触と英メディア報道

14:16 JST 2022/02/03
roy-keane-202202030900
【欧州・海外サッカー ニュース&移籍情報】サンダーランドが、新指揮官候補としてロイ・キーン氏に興味を示している。

新監督を探すサンダーランドが、ロイ・キーン氏の招聘に興味を示しているようだ。『マンチェスター・イブニング・ニュース』や『ガーディアン』が報じている。

現役時代はマンチェスター・ユナイテッドで活躍したキーン氏。引退後は、2006年にサンダーランドで指導者の道を歩み始め、プレミアリーグ昇格へと導いた。2008年まで同クラブで指揮を執るも、最終的にはエリス・ショート前会長との確執により退団。以降は2011年にイプスウィッチでの指揮を最後に監督を務めておらず、現在は『スカイスポーツ』で解説を務めている。

一方、サンダーランドは、リーグ1(イングランド3部相当)で3位につけており、このまま行くとチャンピオンシップへの昇格プレーオフに回る。首位のロザラム・ユナイテッドとは5ポイント差の状況であり、自動昇格も狙える位置につけている。

そんな状況で、先週のボルトン戦は0-6の完敗。この結果を受けて、リー・ジョンソン監督を解任していた。

報道によるとサンダーランドの25歳若手オーナーであるキリル・ルイ=ドレフュス会長は、キーン氏の再登板に興味を示している模様。手腕だけでなく、13年ぶりの復帰が大きな話題になると見ているようで、早ければ今後48時間以内に交渉が開始されるようだ。